FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  太田井敏夫さん(1)



ベッドにて心地よければペンとりてくすりの紙に歌書きて見つ




癩故にふたつの足は切りすてぬ故郷に老いし父は知らずも




病み臥りよるべなき身をした嘆く吾にやさしき文の来にけり




月の磯に友と別れて戻り来ぬ義足を脱げば砂のこぼるる




穿き古りし吾の義足はねもごろに紙に包みて海に流しぬ




長長と盲ひの手紙書きやれば我に寄り添ひ按摩しくれぬ




四つ五つ盲が掘りし姫貝は舌を伸ばして潮吹きにけり




夕映のいまだ残れる裏庭の藤は静かに散りかさなりぬ




首を振り手を振りラヂオ体操す部屋の真中に義足を脱ぎて




腹空かぬ腹に食ひつつ物うまし今年も吾は必ず生きむ




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ