FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大豆の煮豆


IMG_4030.jpg IMG_4031.jpg IMG_4045.jpg
IMG_4047.jpg

緑ダイズは一晩、水に浸しておいた。圧力鍋に戻し水を少し捨てながら入れ、ヤーコン、ニンジン、シイタケの角切りを入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、ごま油を数滴入れ、水分量を見ながら出し汁を入れ、強火でおもりがまわりはじめたら極弱火にして20分、火を消して冷めるまでそのまま放置して出来上がり。



サトイモと鯛アラの煮物

IMG_4038.jpg IMG_4040.jpg IMG_4043.jpg
IMG_4051.jpg

鯛アラは解凍して15秒湯通しする。

無水鍋に乱切りしたサトイモを入れ、出し汁を少し入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、煮立ったらよく混ぜ、極弱火にして鯛アラを置き25分、火を消して余熱5分で出来上がり。

サトイモはすでに種イモを植える時期なので、味はかなり落ちている。今年は120個ほど種イモを植えたが、芽を下にして植えた。種イモの芽の上に親芋ができ、その周囲に子芋と孫芋ができるので、このようにして植えると土寄せがいらないらしい。黒マルチをすると土寄せが出来ないので、これでうまくいくなら、サトイモ作りが大変楽になる。

教えてくれた若い百姓仲間に、この方法は常識と言われた。



タケノコの佃煮

IMG_4036.jpg IMG_4034.jpg IMG_4049.jpg 

今年はタケノコがたくさん収穫できている。豊作なのか、イノシシが食べ残している。ニワトリも大好物なので、少しおすそ分けする。

タケノコは前日に下処理をしておく。皮をむいて半分に切り、ひたひたに水を入れ、大さじ2の米ぬかを入れ、煮立ったら極弱火にして45分ほど煮てそのまま冷ますとあく抜きができる。昨晩、ここまでしておいた。

タケノコはさっと水洗いして薄切りし、鍋に入れる。出し汁を入れ、醤油、蜂蜜、酒、みりんで味付けし、煮立ったら弱火にして5分ほど煮て、カツオブシ1袋を入れ、さらに5分煮て水気が少なくなれば出来上がり。

タケノコの「木の芽和え」にしたいが、まだ木の芽が大きくなっていない。

  
  


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ