FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ミツバチで明日の天気がわかる


7群の元巣と16の待受け箱を見回るのは楽しみの一つである。分蜂期は1日に5~6回は見回る。


夕方5時前に見回ったら、明日の午後~明後日は雨の予報なのに、探索蜂の動きがよかった。だから、明日は晴れるかも知れないと思い、夕食後にネットで天気予報を確認したら、明日は快晴、明後日も雨は少ない予報だった。


ミツバチは天気予報をあてる。


入居探しの探索蜂は、キンリョウヘンを置いておけば、待受け箱をすぐに見つける。16の待受け箱のすべてを念入りにチェックし、吟味し、入居先が決まって移住すれば、潮が引くように、全ての待受け箱から探索蜂が見えなくなる。


つまり、3つや4つの待受けをチェックするのではなく、すべての待受けや他の住居になりそうな場所を目ざとく見つけて、その中で、最も気にいった場所を蜂球の中で集団の多数決で決める。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ