FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ニワトリの突付き

昨日は快晴だったのに、今日はもう朝から雨。雨が多くて困る。

雨でも、村道をふさいだ電柵は開けに行く必要があるし、ニワトリとヤギも朝の食事を待っている。

昨日セットした巣箱を見回った。普通に器用だったら、とっくに巣箱を設置してミツバチを楽しんでいたと思う。

どんな世界でもそうだが、農業の現場でも能力を試されることが多い。

自分のできることを続けるしかない。 


ノートパソコン返却修理

ちょうど1ヶ月かかって3月20日に届いたDELLのノートパソコンであるが、翌日の21日にO先生に初期設定等をお願いしたら、何回してもインターネットにつながらない。パソコン自体に問題があったようで、届いた翌日に返却修理となった。2年前に同じくDELLで購入した子供のパソコンも同じ不具合があったので、こんなことが連続して2回も続いたことになる。4年間使ってきたDELLのノートパソコンがとても気に入っていたので同じメーカーにしたが、今回の不具合は身体にこたえた。


ニワトリの突付き

今まで飼い続けてきた茶色の羽のニワトリに飽きて、違った羽装のニワトリを飼いたいと思って「岡崎おーはん」という黒白の品種に変えたが、どうもこの品種は「尻突付き」が多いような気がする。

突付かれて尻の羽が抜けた鳥が多く、今度は背中の羽まで突付かれて出血したニワトリも目立つ。

痛々しくて目をそむけたくなる。

青菜が足らなかったのが原因かも知れないと、青菜を増やしているが、今のところ効果は見えない。

山の鳥と同じような自然の状態に近づけようと、山の腐葉土を入れる回数を増やしたが、これも今のところ効果は見えない。

こうなるともう、どうしていいのかわからない。通常のニワトリの1.2倍ほどで少し大きいが、羽数は30羽なので、面積あたりの羽数も多くはないはず。

18年飼ってきた茶色のニワトリ(3~4年×5回転ほど)には、こんなにひどい「突付き」は見たことがない。

品種が異なり、最近交配してできた新しい品種だから、まださほど改良されていないのだろうか。それともこの品種の特性だろうか。

飼い方は従来とほとんど同じであり、山の腐葉土投入の回数は増やしているにもかかわらず、突付きによる羽の落脱と出血が目立つ。

購入エサを少し多めに与えながら様子をみてみるしかないが、あまりに痛々しいニワトリは隔離する必要があるかも知れない。


2030年 農業の旅→ranking 

 



 

このページのトップへ

コメント

 尻つつきの対策はなかなか難しいようですね~(-_-;ウーン
http://library.lin.gr.jp/qa_info.php?id=558

  • 2010/03/24(水) 06:43:54 |
  • URL |
  • スロー人 #qbIq4rIg
  • [編集]

動物性たんぱく質を 増やしたら如何でしょう
か? 出来れば ミミズなどやれば理想ですが うちもやった事ほとんどないです。
今はけっこう寒いので体の保温だけでも冬並みに食べると思います。
産卵率が上がると、鶏も必死です。あれだけの栄養分を毎日 体から、抜かれるのですから。時期が時期なら産卵をストップして調節
するのですが、春ですし。カキガラは 残す位
多目にやって下さい、残してもいずれ食べます
から無駄にはなりません。残す位でちょうどです。うちも、沢山飼ってる時分はツツキで悩み
ました。つつきで死んだのもいました。腸を引きづり出して「しまうのです。

尻つつき

具体的な解消はくちばしのカット
です
専用の機具がありますが高価
くちばしを焼き切る道具です。
もしもお困りな機具を貸してもらえる人
探してみましょうか?

  • 2010/03/24(水) 23:12:54 |
  • URL |
  • ヤギ飼いシュウ #JalddpaA
  • [編集]

雄鶏も入れてますか?
交尾でも、背中の出血はあります。
岡崎おうはんが、行為中だけ乱暴、だったり。

  • 2010/03/25(木) 07:47:15 |
  • URL |
  • neet-man #fYFfjCTQ
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ