FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

沖縄愛楽園  青木恵哉さん



吾が骨を埋むる島や紅葉降る




木の実熟れ教え子多き老の幸




減塩食に慣れ一人居の秋深む




また一人旧知の去りし園の秋




夜長の灯明治を語る髯ゆらぎ




半身腐朽の老樹囲みて虫時雨




鷹渡る島永住の地と定め




三十年の足跡消えず落葉路




灯し寝る秋や闘病五十年




口笛の吹かれぬ痼疾老の秋




妻子なき一代信徒落葉降る




秋灯下祈りの灯影ゆらぎけり



青木恵哉(本名・安二郎)さんの略歴
沖縄愛楽園 明治26年徳島県生れ。明治42年16歳でハンセン病を発症。大正5年1月23歳で大島療養所に入所。大正7年園内で米国宣教師エリクスンから洗礼を受ける。同所で異性の問題で悩み、大正11年一時帰郷した機会にハンナ・リデルに会い回春病院に移ることを決意。このとき名前を恵哉と改名。大正13年日本基督教会から聖公会に転会。この頃、玉木愛子への愛が芽生えるもリデルの方針に合わず懊悩。昭和2年愛苦を絶つため沖縄伝道を決意。離島伊江島を拠点とし洞窟や山に隠れ住んでいた患者たちに食事や衣服を与え共に礼拝を行う。昭和5年伝道の拠点を屋部に移し伝道に努めるが昭和10年6月焼き討ち事件に遭遇。難を逃れ無人島ジャルマに渡り洞窟とテントで40人ほどで共同生活。その後、屋我地島に安住の地を得て昭和12年同地に相談所を設置。翌年ここを拠点に国頭(のちの沖縄)愛楽園が誕生。青木は戦後伝道師に任じられ、園内「祈りの家」を指導。昭和44年64歳で逝去。合同句集に『蘇鉄の実』(昭和40年)。個人句集に『一葉』(昭和46年)。著書に『選ばれた島』(昭和46年)。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ