FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  山田静考さん



炎天に癩者が集ふ癩者の死




虹うすし癩者はその子抱くことなし




癩の手にとられて蝶の凍てきはまる




癩の足断ちて運ばる鳥雲に




結婚に至らず目刺口に渋し




秋晴の地を割るべく杭を打つ




独身の胸毛あらはに昼寝覚む




実梅落ち癩に産めざる子を姙む




青春なかりしよ涸池に石蹴りこむ




元の巣につばめ来りてわれ癒えず




生きゆかむ冬の木洩れ日切株に




ガラス戸の内にぬくもる赤き柿



山田静考さんの過去記事



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ