FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

石切場

1003140055.jpg

昨日はまだ蕾だったのに、今日の暖かさで一気に咲いたサクランボの花。確か、ミツバチのいい蜜源だったはず。

サクランボの実は鳥に食べられてしまうが、桜のような花が楽しめる。しかも桜より2週間ほど早い。 

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と言われるが、夏にサクランボの枝を切って何回か
ヤギに与えた。サクランボも桜と同類?

それでも、桜のように大木になったら困るので、やはり切らないと。


1003140049.jpg

例年、彼岸前にする集落の墓掃除が今日あり、来客もあったりして、春ジャガイモの植え付けができなかった。明日の午後からまた雨の予報。どうしよう、まだ遅れる。


1003140007.jpg 1003140019.jpg 1003140020.jpg

画像は放牧場の中の大岩であるが、その昔、ここが「石切場」であった形跡を、今日、はっきり見つけた。


1003140016.jpg 1003140009.jpg 

大岩のすぐ下にある水平の石にも、線がくっきりと残っている。しかもその隣には、切った石の数々。

この岩だけでなく、鳥小屋の上の道の「のり面」にある石にも、はっきりと切った形跡がのこっている岩がある。

350年ほど前、備前岡山藩、初代藩主、池田光政の時代に、竹薮の中に大きな寺があったらしい。竹薮の中にはりっぱな石垣と土塀跡も残っている。そして当地一帯の田んぼの名前は「大門田」。つまり大きな「寺の門」があったようだ。

「町史」にも、お寺のことが載っているらしい。 


この石は、近くの石垣に使われている石とは石質が違うので、時代は大分異なると思う。

切った石はどこにどのように使われたかわからないが、何百年か前に、確かにここで「作業」をしていた人が何人かいたのだ。その息吹を感じて、とてもうれしかった。

近くでみていると、ほんのちょっと前だったような気がする。
ああ、話がしたい。何百年か前、ここに生きた証を刻んだ人たちと。

来月にはこの2つの石は、ヤギのお気に入りの遊び場になるだろう。 

 

1003140035.jpg 1003140031.jpg 

放牧場の外の、水路のそばの、ちょっと湿って見える所、ここをビオトープにする予定であるが、池のすぐ下でもあるし、池の水も関係してくるので、地域の常設「水路や道路の世話人」さんに話しをして、許可をもらう必要があると思った。

池の水を使うには、稲作の場合、10アールにつき3500円の支払いがいるので、野菜に使わせてもらう場合も、常設さんの了解をもらい、お金を支払う必要がある。

理由は、この池には岡山三大河川の一つである吉井川から「ポンプアップ」する設備があるので、ポンプアップ代金である。

ポンプアップする設備ができたのは、池の上流の山が切り開かれて保水力がなくなったから。

これでは何のための「ため池」か。

美しい水とは到底いえない。

ボクが子供の頃には休耕田など全くなく、それどころか山のねきの半日陰の猫の額のような狭い田んぼにまで、すべて稲が作付されていたが、ポンプアップ設備などなくても十分に水は(水喧嘩はよく耳にしたが)供給されていた。

この池と、その上のダムと、その上の池の3つで、当地一帯の稲作の水は賄えていたのに、40年ほど前、ダムの上の山が牛の放牧場に切り拓かれてしまった。

ポンプアップ設備ができたのはいつのことかよくわからない(農業がひらめいた35才の時まで、農業にも地域のことにも全く無関心だった)。

今は42軒ほどの集落で8軒しか稲作をしていないのに、水が足らなくてポンプアップすることがあるようである。だから水代がかかってくる。

自分の場合は、井戸ができてからは、池の水はほとんど使っていない。ニワトリの飲み水もたいていは家の簡易水道(山水)の水を容器に入れて持参している。ヤギはあまり水を飲まない。


了解がもらえなかったら、ビオトープは作れないが、この周辺をきれいに掃除して、落ち水がすべて左の水路の方に流れるようにだけはしようと思う。

2030年 農業の旅→ranking  
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ