FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園



エンジンの音に目ざめて海見れば漁火ともし船帰り来ぬ




波の音と和して聞こゆるハーモニカの今宵涼しき風に乗り来る




人里を遠くはなれし小島にも初夏を知らせる金魚売り来ぬ




記念式の眠たくなりし会場に赤く目にいるアマリリスの花




雨の日の物干竿には何もなく雨のしずくの白く光れり




雨あとの小豆島の霧晴れ上り海と島との区別つきたり




新しく出来し高等学校に学び得ることを幸に思う

(注)全国の療園の中で、長島愛生園に唯一できた邑久高校定時制課程新良田教室




新しき高校生の教科書を手にとる喜びこの上もなし




講義中の先生の顔見つめつつ次の言葉を聞きもらすまじとす


高二 K・Y子さん


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ