FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園




遠くはてなくつづく道

田んぼをぬけてつづく道

なの花咲けるこの道を

はちのはおとをききながら

たのしくゆっくりあるいてます


浮雲流れる空のはて

きょうも向かってあるいてます

故郷につづくこの道を

ひばりの声をききながら

きょうもゆっくりあるいてます


幸福さがしてそらのはて

きょうもさがしてあるいてます

かならずあると信じつつ

きょうもやすまずあるいてます


A・Aさん

『南風』1958年3月28日










梅雨で池はいつも満水だ

雨がやんだらいつも

ぼくはこの池にくる

それは

こいを見るのではない

きょうも学校の

休み時間に

池をそっとのぞく

すみきった

水の上に

ぼくの顔がうつっている

何か知らない暗い思いがする

その時 こいがきて

水をうごかしてくれた

ぼくの顔はしわができた

ぼくが年をとったら

こんなになるのだろう

この外にももっと

かなしいものがあった


M・Mさん

『南風』1958年3月28日








ふろ帰り



外へでた

ひんやりとする風

肌にきもちよい風

からだ全体爪先のばしたような気

髪の毛からは蒸気のにおいがする

洗い髪をくしでときつつ歩いた

二十間ぐらい歩いたとき

はや髪の毛は凍って

とくたびに

さらさらと雪のようなものが

くしにかかってくる

地はかたかたと霜一面

タオルも凍った

ふろ帰りの人の後からは

白い湯気がおってゆく


D・S子さん

『南風』1958年3月28日







はてない野原



健児ケ丘から見る

広い広い野

はてしなく続く

丘があり谷があり

また続くものは野と畑

あの広々とした平原をかけてみたい

広々と続く野を━━

自由の身になる時はくるであろう

その時こそはあのような

広い野で

何もかも忘れ

ただ夢中で遊ぶだろう


E・K子さん

『南風』1958年3月28日


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ