FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

元気な百姓たちの手づくり本「百姓天国」からもう19年

1001300001.jpg 1001300023.jpg

 今の時期は、ヤギやニワトリに与える草がない。だからどちらも青菜が不足気味である。


 元気な百姓たちの手づくり本「百姓天国」の第1集が発売されたのは1991年だから、今から19年前。この本からはすごい熱気を感じたし、読んでおおいに励まされた。土に対峙していると書かずにはいられない欲求が湧き出てくるのだろうと思った。目次を見ると懐かしい名前に出会える。

 この19年間、農業はやはり斜陽の一途だった。あの頃の熱き思いを、どのような形で昇華させたのだろうか。


過疎対策

 それは、都会に働きに行かなくても、地元、もしくは地元から通える範囲で職場があること、もしくは、働きに出なくても農業で自給自足的な生活ができることである。これが崩れているのに、小手先の過疎対策など何の役にもたたない。過疎対策の多くの補助金(税金)は全く無駄だと思う。単なる延命措置としか思えない。

 今まで30年以上も同じような補助金(税金)を投入してきたにもかかわらず、結果は逆になっている。つまり効果は全くなかった。

 定年帰農みたいに現役帰農ができる道を作ってあげるしかない。それには現役にも「年金」のようなものが必要である。


集落ごとぐるりイノシシ防除柵

 イノシシ被害に悩む香川県高松市香川町東谷の天神地区で、29戸の農家が全戸で防除柵設置工事に取り組み、集落を囲う4.2キロの柵が完成した。
 県の補助はあったが、農家の自己負担は1戸10万円を超えた。後継者のいない農家から「そこまでして、この後、誰が農業を続けるのか」との声もあったが、「農地を守るのが、今の農家の役割だ」と設置を決めた。
 「柵を設置しただけでは駄目。点検や除草で柵の周辺に人の気配を残すことも大切だ」と点検当番の看板を立て、気を引き締めている。(農業新聞1月30日)

 後継者はいなくても、続けれる間は続けるのが農業。1年でも中断するとカンも鈍るし、元の畑にするのに手間取ってしまう。

 稲作でも防除柵でも農家は採算抜き。風景や里山を維持するボランティアといえる。もうじきそのボランティアもいなくなる。

 

1001290033.jpg 

 毎日、切り倒した木の枝葉や雑木を焼いている。50年前なら、クドや風呂炊きに利用できたが、今はもう利用することがないので単に焼くだけである。落ち葉も炊きつけに利用していたので、山の中を掃くようにきれいにしていた。

 今はもう山の木を利用することがない。Uさんが薪ストーブを使っているので、木の太い部分は薪割りをして使ってもらうが、その他の部分は焼くだけである。一部の木の葉はヤギに与えるが、1日にそんなにたくさんは食べない。

 ああ、山仕事はもう、本当に意味がなくなっている。時代が変わってしまった。

 明日でもう1月が終わる。この冬の山仕事はこれ以上は進めず、現在切り倒している木が片付いたら終わらせようと思う。

 楽しいが、収入に結びつく労働ではない。50年前までは「自給燃料」としてとても貴重であり、稲秋が終わる11月下旬頃には集落の人はこぞって山に入り、2月末頃まで山仕事にいそしんだ。3ヶ月間で、次の1年に使う「炊きつけの落ち葉」、「クドで使う割り木」、「風呂に使う下刈り」を用意した。各家には、それらの置き場所が軒下等にあった。
 その光景が頭の中にまだうっすら残っている。


2030年 農業の旅→ranking

 
 





このページのトップへ

コメント

ドイツ フライフルクでは 里山管理で出た
薪をペレット燃料にして町全体の集中暖房
に使っています。里山管理は高学歴の専門
家がやっているそうです。
ロシアから天然ガスを買わないでよくなったと
大変喜んでいるそうです。
水田さんのされている事は重要な作業です。
日本が美しい国として生き残るための作業
です。知り合いの若い独身女性でも頑張って
いる方がおられます。すごい事です。
喜びを感じながら意義も勿論理解して
されているのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ