FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

新聞における情報操作とマインドコントロール

新聞における情報操作やマインドコントロールは簡単である。例えば、ある新聞社の経営層が自民党寄りであれば、自民党系の「論客」を数多く登場させればよい。以前の山陽新聞は、そういう傾向が多く見て取れた。だから批判的に読んでいた。

今回の朝日新聞の記事も「小沢幹事長」に対する記事は痛烈だったが、自民党時代に多くあったこの種の事件に関して、ここまで書いていたかなという気がする。

長かった自民党政権がやっと終わった。今の政権に期待できなくても、逆戻りすることだけは御免被りたい。政権が変わったことで赤裸々になった事実は多い。農協も自民党と長い蜜月時代が続いた。政権が変わって少しは変わるのだろうか。

新聞が、ある事件や経済問題に対して「論客」を登場させる場合、対照的な2人の論客を登場させるべきだと思う。片方ばかりだと、いかにもそういう考え方が正しいと誤解を受ける。紙面の関係で2人載せれなければ、翌日には考え方の対照的な論客を登場させるべきである。

社会保障に関しても、派遣村とか生活保護などを取り上げる時に、ベーシック・インカム論も合わせて取り上げてほしいと思う。資本主義の底が抜けてしまった今、最低限度の文化的生活を保障する政策として「ベーシック・インカムのある資本主義」は今後主流になっていかなければならない思想だと思う。そんなことも提示できない新聞ならブログより劣る。
 

1001290004.jpg

今日は月夜。家畜は長い夜をどうやってすごしているのだろう。一昔前のように、玄関先で飼っていたり、納屋や軒下で飼っていたり、台所や居間の隣で飼っていたら、寝る前に様子をうかがうこともできるが、田んぼで飼っているので、そういうわけにはいかない。

電柵をするまでは、小屋の目の前にイノシシやシカが来ていたはずだが、怖くなかっただろうか。それとも友達のような感覚で見ていたのだろうか。

ヤギは世話人をはっきり識別する。姿格好、臭い、しぐさ、顔かたち、そんなもので識別していると思う。他人が来ると警戒した様子を見せるが、鳴き声は発しない。鳴き声はボクに対して発することが多い。食べ物よこせとか、外に出せという要求である。


パソコンのうなり音が相変わらず多い。購入予定の3月まで持ってくれればよいがと思う。4月で丸4年が来る。

パソコンより2ヶ月ほど遅れて購入したデジカメは今使っているのが3台目。毎日使っていると1~2年でどこかガタがくる。メカに全く弱いが、このデジカメだけは誰でも撮れる。始めて購入したカメラなるものが、ブログのために購入したデジカメだった。カメラは嫌いだったのに今は必需品。ただ、人物は写したくない。

パソコンの寿命とともにメガネも寿命が来るかもしれない。メガネも4~5年。


2030年 農業の旅→ranking  

 


 

 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ