FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  政石 蒙さん



石段を声に出だして数へつつ盲ひの君と連れだち登る




目明きには見えざるものも見えぬ目に見据ゑて詠めり「草に立つ風」




今日ありて明日は分からぬ命よと口先ばかり明日へ持越す




去年のいのち今年のいのちを撞き分ける除夜の鐘いま今年を撞きぬ




脱走の患者を阻みし海峡をひと
またぎなし橋はしず
まる




不具の手を構はずとりてサンバ躍るリオの踊子の裸が眩し




仏像の指先欠けし左手のわが不具の手にかも似て親し




校正を終へてくつろぐ春の夜誰も居らねばひとり茶を飲む




かゆき背を柱の角にてこすりつつ春の夜更けのひとりの愉悦




暗闇の
涯底そこひに生きて鳴く虫かわれに聞こえて誰も気づかぬ


政石 蒙さんの過去記事



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ