FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ユズ酢 ユズジャム

1001040008.jpg 

夕方、ふかし芋を作った。

1001040033.jpg

左から、ムラサキ芋、オレンジ芋、ふかし芋用品種。

ムラサキ芋とオレンジ芋は、見た目はきれいだが加工用品種なので、ふかし芋にするとおいしくない。

このオレンジ芋は収量があまり多くないので、今年は止める予定。



1001040004.jpg 1001040015.jpg

ふかし芋と並行して、ゆず酢を搾った。

ユズを横切りして画像の竹筒に入れ、もう一方の竹で上から押えて搾る。搾ったカスは種と袋をのぞいて、皮だけを細切りして、鍋に入れて煮る。1回煮こぼれさせてザルにあげ、もう1回煮こぼれさせてザルにあげ水気を取り、ユズ皮1.5キロに対して砂糖を1キロ入れて、弱火でことこと煮るとできあがり。


1001040019.jpg 1001040012.jpg 

ユズ酢は茶漉しで漉してコーヒーのビンに入れたが、量はあまり取れなかった。11月中旬頃に収穫してすぐに搾ればたくさん取れるようだ。

ユズジャムは1時間ほど煮たが、水分があまり減らなかった。それでも初めてにしては上出来だった。

これでしばらくは、ヤマザキの「薄皮あんぱん」を買わなくてすむ。自分で加工品を作ってみると、市販のものには怖いくらい砂糖が入っているのが実感としてわかる。


今までは「ユズ茶(半分に切って果汁を湯のみに搾り、湯を注ぐ)」にするだけだったが、ユズは利用範囲が広いことを始めて知った。

当地ではユズは虫害が多いが、ユズ酢やユズジャムにするなら外観は問題にならない。

ユズは3本植えているが、生り始めるまでに年数がかかる。2本目が生り始めたばかりで、3本目はまだ生らない。人にあげても喜ばれるので、春にもう2~3本増やそうと思う。

柑橘類はカラスが狙わないのがいい。


ルバーブのジャムは、茎を小口切りして、目方の半分の量の砂糖を加え、弱火で25分ほど煮るとできるので、ユズジャムよりもっと簡単。好き好きだが、ルバーブのジャムも酸味があっておいしい。

農産加工はいろいろ知っていると楽しいと思うが、梅漬け、ラッキョ漬けくらいしか知らない。


2030年 農業の旅→ranking 

  

    
    
 




このページのトップへ

コメント

知人が ルバーブジャムは 電子レンジチンで
1分で出来ると 言ってました。
刻んで砂糖と混ぜてチンするのですが、
量をよく覚えてません。

ゆずを 種から育てられたのですね。
うちも やってますが 背丈くらいになってます。
以前 山の中で勝手に生えたのは なぜか
2年目位に全部 消えてしまいました。
肥料やったら少しはスピードあがるかなと
去年 少しやりました。
ゆずは 柑橘類の中では抜群に柔らかく
ジャムになるのが速いです。
うちは種取るだけで 汁ごと煮てアク取り
無しです。
ほんとに時々でも手作りして 市販品の
砂糖の量をしっかり肝に銘じるべきですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ