FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤギ部屋作り

0901310009.jpg 0901310002.jpg 0901310049.jpg

0901310060.jpg 0901310042.jpg 0901310053.jpg


 物置に置いていた使い古しの黒マルチやポリなどを産業廃棄物処分場へ持参したが、今日はその物置を片付けて、ヤギが住めれるような段取りをした。

 物置にあった、寒冷紗、ムシロ、クン炭、トマトの支柱、ナスビやピーマンの支柱等は、家の納屋に収納することにした。

 物置の東側4分の1(1坪半)をヤギ小屋にしたが、そんなに狭くはない。ヤギになったつもりで歩き回ってみたが、これだけあれば十分。ここに閉じ込めておくのは夜間と雨の日だけだから。

 広すぎても、敷き藁の入れ替え(糞の持ち出し)に手間取る。

 この場所がこんな形で生かされるとは想像もしなかった。最初はここでもニワトリを飼う予定だった。ニワトリの入れ替え(ヒヨコの導入)をすると、半年間は卵が切れるので、10羽ほどここに入れ、ヒヨコがまた卵を産み始めるまで飼うつもりだった。結局それはせず、本来の物置として利用していた。

 ここに物置を建ててもらう時、どれくらいの広さにしようか随分迷ったが、6坪という大きさは適切だった。これだけあれば、自分の農業ではたいていの資材や農具が納まる。

 今回、物置の4分の1がヤギ小屋になるが、残りの4分の3あれば、日常よく使う物は納まる。めったに使わないものを家の納屋に移した。

 下が「土」というのも、ヤギを飼う上で好都合。湿気るので、パレットを置いてその上に資材やクン炭を置いていた。
 1~2日して地べたが乾いたら、もう少し「土」を補充して高くしようと思う。その上に枯れ草や落ち葉を敷き詰めてヤギ床にする。

 モグラや野ネズミが出没するが、ヤギに問題がないかどうか、また聞いておこう。

 なお、物置がごちゃごちゃして片付けれていない。白い大きなポリに入っているのは、収穫、出荷時の濡れた新聞紙。たまると、これが結構スペースをとる。

 とにかく、このスペースがあってよかった。ヤギ小屋を新たに作る必要があるなら自分は飼えない。簡素な小屋でいいといっても、大工仕事は特に苦手。今回は画像のような「メッシュ」で区切り、後は支柱を打って完了。メッシュは2枚なので、メッシュを動かして出入りさせるつもり。

 これで終わったわけではない。
(1)山の土を補充する。
(2)枯れ草、落ち葉を敷く。
(3)支柱を打ってメッシュを止める。
(4)水、塩少々、米ぬかをそれぞれバケツに入れて設置。
(5)導入日に首輪のサイズを確認して、もう一つ買いに行く。

 このスペースは冬は8時には朝陽があたり始めて暖かい。夏は朝陽があまりあたらず西日があたるが、南側にキーウイの棚があるので、西日は防げる。また3面とも金網であり、空気の流通はよい。これは生き物にとって大切なことである。
 
 北側に竹薮があるので、北風は防げるし、雨もほとんど降りこまない。かなり雨漏りがしていた天井のトタン板を去年交換しておいてよかった。

 問題は猟犬と野犬であるが、ここに来られる猟師さんで、犬連れなのは1人だけ。そしてその犬はかなり老犬であまり動かないから大丈夫と思う。心配なのは近所の飼い犬。小さい犬だが放し飼いにしている。地域の人が何回言ってもつないでくれない。今日、その人に出会ったので、とにかく2ヶ月間ほどは、ヤギに近付けないでほしいとお願いした。

 目標飼育年数・・・15年。

 ニワトリの場合
 初回の導入・・・ハトくらいの大きさになった時、鶏舎の地下からタヌキに入られて一晩のうちに全滅。

 2回目の導入・・・丸4年が経過して淘汰する時、17羽(36羽導入)しか残っていなかった。

 6回目の現在・・・5月26日に丸4年が来るが、まだ2羽(オス1羽客死、メス1羽)しか死んでいない。後1年飼うか、4年で淘汰するか、ちょっと迷っている。

 ニワトリは飼い続けているうちに飼い方が上達していった。しかしヤギは失敗できないし、長く飼い続けないと多くを学べない。

   


0901310019.jpg 

 ヤギ部屋を掃除していたら、ブロックの地際に「テントウムシ」がたくさん越冬していた。暖かい物置の中を選んだのだろう。しかし、このテントウムシの名前がわからず、果たして益虫のテントウムシなのか、害虫のテントウムシなのか、それとも益虫でも害虫でもないテントウムシなのか判断がつかなかった。益虫のテントウムシは「ナナホシテントウ」だけと思い、このテントウムシはスコップですくい、水攻めにした。



0901310071.jpg 

(今日の夕飯)
ニンジンとダイコンの煮物・・・アゲ
エビフライ・・・市販の惣菜
ホウレンソウの煮びたし


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ