FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ジャガイモとベーコンの蒸し煮



IMG_3039.jpg
 IMG_3045.jpg 

巣箱の周囲を囲んでいた寒さ避けの段ボールを取り除き、春の装いにした。これは昨年、採蜜をしなかった5段重ねの巣箱で、4月10日前後に第一分蜂があるだろう。



IMG_3043.jpg 

サクランボの開花はたった5日ほどで終わり、今度はそのそばにあるスモモが八分咲きになっているが、まだ蜜蜂は来ていない。


  
IMG_3059.jpg IMG_3060.jpg

これは去年の9月20日に最上段の一箱を採蜜した、山の4段重ねの巣箱であり、これもダンボールを取り除き、春の装いにした。右の画像のように近くに待ち受け箱を5つ設置して、分蜂群の入居を待っている。



IMG_3067.jpg IMG_3070.jpg

分蜂群を呼び寄せるキンリョウヘンはやっと花芽が伸びてきた(画像が鮮明でないが)。分蜂の入居探しの「探索蜂」が動き始めるであろう4月5日頃の開花は難しいが、4月10日頃には開花が始まるだろう。

蜂仲間の農業ハウスに置かせてもらっている4鉢(2月21日に移動)は4月5日頃には開花するだろう。





ジャガイモとベーコンの蒸し煮

IMG_3072.jpg IMG_3077.jpg IMG_3078.jpg
IMG_3081.jpg

熱した無水鍋(2分ほど強火で空炊き)に大さじ1のオリーブ油を入れ、小さ目に乱切りしたジャガイモを入れ、ベーコン1連を切って入れ、風味付けに月桂樹とローズマリーを置き、極弱火で30分、火を消して余熱5分で蓋を開け、ハーブは捨て、大さじ1のオイスターソースと醤油で味付けし、イタリアンパセリのみじん切りと粉チーズをふって混ぜると出来上がり。

イタリアンパセリは4月中旬頃に播くと6月末頃から翌年4月上旬頃まで収穫が続き、まもなく「塔立ち」して終る。立ち枯れ病(青枯れ病)が多く、30株定植して、現在も残っているのは10株。



芋飯

IMG_3075.jpg IMG_3084.jpg IMG_3086.jpg

3合の米を洗って、50CCの酒と塩を一つまみ入れ、3合の水加減でセットすると炊き上がる。

通常は6合炊くが、芋飯はその半分の3合にしないと、うまく炊けない。炊き込みご飯は炊飯器より無水鍋を使った方がおいしい。



ゆで卵

  
IMG_3091.jpg IMG_3093.jpg  



今日は種まきびよりだった。小松菜、春大根、ニンジンの種を播いた。小松菜は2週間後にもう1回蒔く。

4月18日頃、電熱温床で、エンサイ、ツルムラサキ、モロヘイヤ、スイートバジル、オクラを蒔く。

購入する苗は、ナスビ、ピーマン、トマト、キュウリ(第1回目)、ナンキン類(病気が多いので今年から育苗を止め、多品種を植える)、ゴーヤ、スイカ。 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ