FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  小見山和夫さん



病みくゆる一世虚しく思ほへば吾を産みませし母を悲しむ




ふくる夜は浴室に映す我が裸形さぶしと見つつ男なりけり




不自由室に行くべくなりて思ほへばひそけかるなり芽ぶく球根




うらわかく死にけるゆゑに哀れがるおほよその人を我はにくめる




らい患者を強制収容すべしと叫ぶ光田健輔に文化勲章あり





病む吾等覗かれてをり人間のもっとも嫌な眼の色と思ふ




うつそみの人なる我に心眼を開けとぞ言ふむごき言葉なり




小包のなかより出でし鈴ひとつ畳に転げ清き音たつ




我が義足春泥を蹴りて歩みつつ力はひとり内より発す




人間の科学宇宙へ宇宙へと伸び地の一隅に癩やみはあり


小見山和夫さんの過去記事



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ