FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

電柵 (1)

0911230046.jpg 0911230039.jpg 0911230037.jpg
 

0911230028.jpg 0911230006.jpg 

晩秋。1年で最もいい季節だが、景色どころか気持ちは電柵の方だけに向いている。

明日は備前市八塔寺から1時間ほどかけて、Nさんが電柵を張りに来てくれる。

Nさんにとっては朝飯前かもしれないが、自分は明日のために、土曜日と今日の出荷は休み、この3日間、電柵いっぽんに集中してきた。

それは自分の最も苦手とすることであり、いったん張ってもらうと、容易に動かしたりすることができず、その場に固定してしまうから。

だから、張ると決めた場所は何回も、何十回も歩いて、どこに、どう張ってもらうのが一番いいか、この10日間ほど考え続けてきた。

電柵を張ってまた害獣に入られたら、さらに身体にこたえる。それでも農業は止めるわけにはいかないので、どんなことがあっても侵入させることはできない。

3年前まで、害獣は他人事だった。

3年前からサツマイモだけ防御するようになったが、サツマイモだけならまだ楽だった。

今年の10月7日の台風の夜から、害獣との闘いは明らかに第2ステージに入った。

いったい何頭が集団で来たのだろうと思えるひどさだった。
鳥小屋の下までの35アールほどを電柵で囲うことにした。
(1)門が2箇所(公道なので門にしてもらう)
(2)出入口が1箇所
(3)周囲は300メートル×4段=1キロ200メートル

これからは絶えず、頭や気持ちが電柵に向くだろう。夕方帰る時、一回りするのが日課になるかもしれない。

新たな電柵への出費が10万円余りは仕方がないとして、電柵の下の草刈や見回りに多大な時間を費やしてはいけない。場合によっては電柵の下だけ、除草剤も視野に入れている。

Nさんが、電柵は1日で張れるだろうと言う。自分は電柵を張る準備に今日まで膨大なエネルギーを費やしてきた。

電柵など朝飯前、入られたらその場所を補強すればよい、設置場所もころころ変えてみる、こんなことによだたない(時間はかからない)、そういう能力の持ち主でないと、これからの農業は難しいかもしれない。

電柵に精通している人はまだ少ない。今までイノシシやシカに何度も痛い目にあってきたNさんしか、電柵を頼める人は思い浮かばなかった。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

コメント

そうですかー。
Nさんは 養鶏中心なので 畑はあまり
されてないと思ってましたが。
Nさんも大変だったんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ