FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤギ グッズの購入

0901290007.jpg 

 ヤギが来るまで後1週間。そして明日、明後日は雨のマーク。だから今日、物置を片付ける必要があった。

 2時間ほどかかった。

 黒マルチ、壊れたバケツ、ポリ、錆び付いたトタン等を軽四に載せて、産業廃棄物処理業者まで持参した。吉井川の土手を河口に向かって走ると、我が家から20分ほどで行ける。
 毎年1回3月頃に、1年間分の廃棄物をまとめて持参している。今日は3500円。毎年これくらいかかる。

 産業廃棄物を出すまいと思ったら、「買わないこと」、「田んぼに持ち込まないこと」に尽きるが、何やかやと「土に戻らないもの」を購入してしまう。その筆頭は「黒マルチ」。


0901290051.jpg

 今は産業廃棄物の処理が難しくなり、到着するとすぐに、こんな張り紙を張られた。今日は受け取るが、次回からの持ち込みは、本社で「産業廃棄物の法律に基づく契約書」を交わしてからでないと、受け取れませんと言われた。本社は我が家から1時間ほどの所。


0901290058.jpg

 その帰途、ホームセンターに寄り「ヤギのグッズ」を購入した。左から、
土中へ打ち込む鉄柱・・・498円×2コ=996円
首輪と鎖をつなぐ金物・・168円×2コ=336円
ペット用首輪・・・・・・・・1380円×1コ=1380円
鎖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・298円×4m=1192円

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3904円

 首輪はとりあえず1コだけにした。首の太さがわからなかったから。店員さんに、大きくなったら、もう一回り大きいものと買いかえる必要があると言われた。

 鎖は2メートル×2コである。長さにちょっと迷ったが、2メートル以上はいらないと思った。

 土中に打ち込む鉄柱には大いに迷った。1日に2回(午前と午後)打ち込んだり、引き抜いたりする予定なので、打ち込みやすく、引き抜きやすく、なおかつ、ヤギが引っ張っても簡単には抜けないものという、3つの視点が必要だった。自分ではどれを選んだらいいのか判断できず、店員さんにしつこく説明して選んでもらった。

 ただこの鉄柱も、ヤギが大きくなると使えないかも知れない。

 ヤギグッズ、高いと思われますか。他の物は安いのに、首輪だけが高いと思った。ペット用品だから高いのだろう。


 
0901290049.jpg 0901290036.jpg 0901290023.jpg

 0901290028.jpg 0901290041.jpg 0901290042.jpg

 吉井川の河口に近い河川敷はブドウの作付が多い。ブドウはこんな設備や棚が作れないとできない。そして1年に1回、1作しか収穫できない、気の長い作物である。1作だから失敗は許されない。台風がタイミング悪く来たら致命的になる。設備費も100万は軽く超えるだろう。棚作りは器用でないとできない。ビニール張りも簡単ではない。右下の画像では「加温設備」が見える。。時期をはずして生らすのだろうから、旬の作付以上に、ブドウに精通していないと難しいだろう。

 とにかく、こんな作物は自分には絶対無理。難しすぎる。しかし、岡山ニューファーマーズ(新規就農制度を利用した農業参入)では、トマトか、このブドウを選択する人が多い。産地の維持、産地の後継者育成の観点からの支援だから、この2種類を勧められることが多い。やってのけれる人には、いい制度かも知れない。
 
 ボクはどんな果樹も作れそうにない。稲作も無理。ニワトリも30羽だから飼える。野菜でも、特定の専門作物を持とうと、何回もシミュレーションだけはしたが、実現までにはいかなかった。
 
 第一次産業は好きで、適性もあると思うが、能力が伴わなかった。能力さえあれば、現在のような少量多種類作付のワンパック宅配ではなく、専門作物を持つ方向に切り替えていただろう。

 15年ほど経過すれば、している形態の中でも、より好きな方向にシフトしていく。自分の場合はワンパック宅配の中のミニコミ部門だった。
 
 一口に農業と言っても、いろんな農業形態があるから、まず、たくさんの農業形態を「知る」ことである。
  

    
 0901290018.jpg

 河川敷には牧草も蒔いてあった。

 
 
 0901290061.jpg

(今日の夕飯)
煮豆・・・ダイコン、サトイモ
刺し身・・・タイ
コロッケ・・・市販の惣菜



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ