FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  芝山輝夫さん



夜の部屋に釦一つを附け終へて吾の孤独の更にふかまる




洗面器に友の義眼は沈みゆき
すくふ指より洩れて音たつ




三人共義足の者が住みをりて畳は何処の室よりも早く傷みぬ




汝が為吾が現身の一部除り契り結びし彼の日恋しも




つぎつぎとプロミン射ちゐる看護婦よ就業当時の感傷はなく




義足おき松葉杖おくベッドにも朝は朝明けの光さしくる




部屋隅の火なき火鉢が何時よりか盲君等の憩ひ場となる




足断ちし因を互いに語り合ふストーブ赤く燃ゆるかたはら




歌会に集ふ十三人に時計なくラジオの時報鳴るを待ちをり




癩者らを島に移せし政策も医官きたらぬ現実となる




癒えて尚つづく療養を想ふ日よ街の書店に辞書を購ふ




現身は無菌となれど代変り吾を迎ふる我が家ならず




自ら位置の定まる雑居部屋義肢に傷つく吾が畳拭く




後遺症しるき吾が手を哀しまず西瓜の種を春土にまく




百合活けし朝の食卓誰よりも盲の友が喜びくれぬ


芝山輝夫(芝田・志波多)さんの略歴
大正6年和歌山県生まれ。昭和13年4月1日長島愛生園に入園。「潮汐」「アララギ」所属。『あらくさ』(昭和30年)『陸の中の島』(1956年)『あかつち』(昭和31年)『青芝』(昭和32年)『風光』(昭和43年)『三つの門』(昭和45年)『海光』(昭和55年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ