FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木数吉さん



なりし歌頭に持ちて書きくるる友待つ盲の一と日は永し




犬猫の夜見ゆる眼を涙してうらやむ友を慰めがたき




行き馴れし路につまづき歩きつつ未だも杖を持つ気になれず




指萎の盲の我はいろいろに杖の握りをこしらへて見ぬ




盲住む療と知りてかある時は畳の上に雀来あそぶ




病む身には春と秋とが短くて苦しき夏と冬とが長し




吾が探す小銭の在処をそこそこともどかしがりて友が教ふる




苦しさを訴へむとすらし口の辺に耳おしつくれど聞きとり難き


鈴木数吉さんの略歴
明治30年生まれ。昭和17年没。昭和3年多摩全生園入園。所属なし。『東雲のまぶた』(昭和5年)『木がくれの実』(昭和28年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ