FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

0911130071.jpg 0911130041.jpg 

5年ほど前、岡山市から備前市へ抜ける海沿いのブルーラインが無料化されてから、大型トラック等の国道2号線を通る量がぐんと減ったと、2号線沿いにある行きつけの理髪店の店主が話していたが、昨日も農業仲間から同じ話を聞かされた。

つまり、国道2号線の夜間の通行量が減ったことも、イノシシが国道2号線を渡って南下した原因の一つらしい。

当地でイノシシが出るのだから、すでに岡山県下の90%近い地域がイノシシの被害にあっているだろう。まだイノシシが進出していないのは、海沿いの一部の地域になりつつある。

こんなにイノシシが増えたら、農林業はもうお手上げである。国全体で害獣防御を考える国民運動のようなものが必要と思う。そうでなければ、イノシシ被害に困るのは農林業従事者だけの問題になる。効果的な対策がとられない間に密度は増え、すでに限界を超えている。

ボクのような理工系の能力の全くない人間は農業ができなくなる。

電柵を張っても、それでも突破されるようなら、その時、自分の出荷農業は終わる。

電柵をせばめて自給用だけにし、農業以外の他の収入の道を模索せざるをえない。


ふりかえってみれば、自分の殻にとらわれた、劣った農業を展開してきた。

これぞ農業の理想形と思って、他の農業形態を顧みず、閉じこもってしまった。

経済的に追い込まれて、今頃になって、これではいけないと思い直したが、出荷農業ができそうなのは後10年ほどだろう。


人は誰も心の準備ができないままに命の終わりを迎える

目に焼きついたはずの風景も

もっと見続けたいと願う

この紅葉をもう一度見たいと思う


40年前、この地を開墾して入ってきたのだ

あなたのやってきたことは、誰も真似ができない

誰よりもずば抜けた農業人生だったと思う

もっともっと教えてもらいたかった

誰もがその実力を認めただろう

もうやり残したことがないように見えるが

あなたにとってはまだまだこれからだったのかも知れない

しかし誰もがある日突然に、農業からのリタイアを迫られる


自分の場合はどうだろう

農業のスタートが37才の直前と遅かったから

20年ではまだまだ一通りやった気がしない

これからの10年は農業の理想形を追うのではなく

稼げる農業をめざしたい

その過程で、病気、害獣、経済的理由等でリタイアを迫られたら

受容できなくても受容せざるをえないだろう


受容せざるをえないのはあなただけではない

あなたの家族やあなたの友人たちみんななのだ

受容の重さに、差はあるだろうか

あなたのいない世界を考えたらとても寂しい

しかし同じ時間の中で同じレベルで受容できたら

一人は従容として風になることを受け入れ

一人は風になる時にその時の光景を思い起こす

 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ