FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

またイノシシの襲撃

冠婚葬祭が続いて出かけることが多い。今日も夕方から、そして明日も、そして土曜日も。

昨晩また、かなりイノシシに荒らされた。前回荒らされたのは10月7日の台風が通過した晩だったが、今日は2回目。その間にも出没していた形跡は、あぜ岸や果樹の根元を見た時にわかっていたが、野菜の被害はあまりなかった。

今日は前回の襲撃から1ヶ月ほど経過しているが、荒れた大雨の夜という状況は同じだった。イノシシは雨の日を好み、雨の日に被害が多いと聞いたことがあるが、まさにその通りの状況だった。


イノシシが始めて当地に現れたのは3年前の8月末である。

近辺の田んぼのサツマイモが軒並み被害を受けたのを知って、農機具店に依頼し9月1日に電柵を張ってもらった。

その後今日まで3年余り、サツマイモ畑に電柵を張るだけで、他の作物にはほとんど被害はなかった。

ただ今年の1~2月頃、麦畑にシカやイノシシらしい足跡がいっぱいついて、麦をかなり食われ、ホウレンソウも被害にあっていた。

しかしいろんな作物にこれほど被害が出たのは10月7日の夜が始めてで11月10日の夜が2回めである。

今日はまたかなり気分が落ち込んだ。でもどうすることもできない。

電柵は友人に距離等を測ってもらって、注文もしてもらっているし、農作業が一段落したら来てもらって設置を頼んでいるが、肝心の自分の方の準備がまだ整わない。

つまり、電柵を張るための竹薮の竹や雑木の整理であるが、半日かかりっきりで、後2日ほどかかる。


秋冬作の3分の1ほどが被害を受けた。こんなにやられると投げやりな気分になる。

電柵ができたらまた気分が違ってくるだろうが、電柵を張れば、週に何日かは電柵の下の草が伸びて漏電しないか見て回るという、余分の手間がかかってくる。草刈の回数も多くする必要があるし、杭の下の草は草刈機は使いづらいので手刈りする必要もある。

イノシシやシカの出現は、費用も手間も大きく増やす。

でもどうすることもできない。増え続けるだろう。

そして次の世代は、家庭菜園でさえするのが馬鹿らしくなるほど、害獣の被害が増えるだろう。 

とにかく後10年、どんなにかして自分の畑の被害だけは食い止めなければと思う。

誰も助けてはくれない。

行政や農協には何の期待もできない。

集落で防御するという発想もまだ起きない。みんな家庭菜園だから、集落の出仕事で防御柵を設置し、各戸で費用を負担するという考えは、まだまだ先のことになるだろう。

ただでさえ収入にならないのに、害獣に対する手間がこの先どんどん増えていくことを考えると、ばからしくなる。

20年やってきて安定どころか、農業を続けることがますます試練になっている。

それでも後10年は農業を続ける必要がある。60才が近くなるとバイト先も少ないし、仮にあっても時間給が高くて800円ではむなし過ぎる。今まで20年間、農閑期でもバイトをしていないのに、今頃になってできるとも思えない。

がたがた言っても、農業からは離れられない。離れたら自分が壊れてしまう。なけなしの年金がもらえる65才までは農業収入でつなぐ必要がある。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking 






このページのトップへ

コメント

イノシシは ミミズ目当てに田畑を掘りまくる
そうですね。ミミズは雨になると地表近くに
来ますから きっと それですね。
うちの近所の田んぼもイノシシが掘ったのか
人間が耕したのか悩むくらい一面掘られて
ます。
うちの部落はトタン柵を皆で設置し、その
人件費を半分トタン代に回す形でトタン代を
出したと思います。以前よりトタン代が出ない
ので そうしたと言ってました。
トタンはあまり効果無いので参考になりませ
んですが。
バイトは生活費稼ぎより気晴らし、社会見学
でちょびっとやるのが良いと思います。
人間関係広げるには趣味の集まりとかも
お勧めです。イベント出店もお勧めです。

  • 2009/11/12(木) 10:45:17 |
  • URL |
  • 長澤 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ