FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  沢田五郎さん



何もかも振り切らねばならなかった峠旅人として入りゆく故郷の村




他人の目に確めてもらうふるさとの氏神は新しき道からは見えず




乏しき視力窓外に凝らしいる妻に父母ねむる方を教える




掛算出来ぬ我が母の量の数え方目に浮べ新しき俵に触れつつ




朝鮮翁の遺言に折詰配られぬ苦しき思いに箸とり難し




朝鮮人侮蔑の言葉吐きし少年の日のわれを射す君の眼忘れず




生きる努力それ自体日帝を富ます業流氓の一人一人重たし




二年の日日木さえ草さえ落着くに菊掘り上げる移らんとして




癒ゆるなきらいと決りて置きて去りし近頃は思うその時の母の心




あの桔梗いいな盗ろうかと姉は言う連れ立ちて歩む療園の道




看護助手の子供のおさがり白ズック行動半径狭きわれ二年履く


沢田五郎さんの過去記事


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ