FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  津田治子さん(3)



かくのごと崩るる病ひいづこより吾に入りしと思ふことあり




苦しみとともに享けとるしあはせを知りそめし吾が四十六年




癩園に二人の夫に副ふことも父と思ふも吾の身のうへ




嗅覚を失ひにけるわが日日よ倖ひとつ去りたる如し




かがみゐて右足はやくしびれくる右半身に吾が病重し




五官失せて尚ながきいのち残らむかその姿や今思ひ及ばず




匂ひなく食ふ飲食おんじきの味気なさ今に至りて病を思ふ




逢ひに来てことば尠き長男が大き安堵を父にのこしつ




たまのをの命をしぼり今一度癒えたくありけり老い夫のために




死にちかくありし一日二日の日吾も友だちも夜も昼もなし




遠くより吾をいたはり薔薇の花を賜はりにけり生きよと言ひて




苦しみのきはみにありてよき友のなかに護らるる倖を思へり




告げやらむ身寄りの一人なきわれに遠く駈けつけてくるるこの友




ただひとつ生きねばならぬ希ひあり苦しみを越えし今朝の光に




わが思ひ知り給ふ主よこのたびの篤き病を癒やし給へかし




あかつきの光が窓にさし来れば苦しみ越えしひとひのいのち




苦しみのきはまるときにしあはせのきはまるらしもかたじけなけれ




雑念はうかばずなりてひたすらに生きむと思ふひとりの為に




津田治子さんの絶唱が千葉修さんの絶唱とオーバーラップした


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ