FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

松丘保養園  小山蛙村さん



林檎など持てば香りを嗅ぎてみるこの性癖も盲ひてよりか




驚きの視線あつめて後遺症多き吾が裸体あり手術台の上に




塵紙を
くわへ厠に探り行くさまをさらしぬ幾つかの眼に




手にフォークを縛りて食ぶる吾が側にさはさはとりんごの皮をむく音




幾重にもりんごの花に囲まれて小屋ありそこに隠れ病みにき




年毎に窪み萎えゆく両眼を今朝も手探りねんごろに洗ふ




友は沓に吾はズボンに小鈴鳴る信号の如く行き交ふ廊下に




道のべの牡丹の花に杖解れて迷ひたる身の向きを変へゆく




古里の弟に嫁ぎしその人に隠れ病み三十年経てわれは今逢ふ




包むなく癩の身を言はむ後遺症の多き面上げて吾は義妹の前に




直なるは一指もあらぬ手の爪を菊薫る縁に切りてもらへり


小山蛙村(桂村)さんの略歴
大正3年青森県生まれ。昭和9年松丘保養園入園。昭和24年白樺短歌会入会。昭和25年「水甕」を経て昭和36年創刊と同時に「自画像」入会。他に「きさらぎ」所属。昭和56年逝去。享年68。『陸の中の島』(1956年)『白樺』第一集(昭和32年)『白樺』第二集(昭和38年)『三つの門』(昭和45年)『白樺』第三集(昭和47年)『白樺』第四集(昭和58年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ