FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  松浦扇風さん


身延深敬園 鷹取短歌会


うかつにも癩は癒えずと友言ふにいたく悲しむ若き新患者




手の指を切断れるかも知れぬ此の朝は無口となりて治療待ちおり





療の墓並ぶ一つに苔むして吾が同郷の人の名のあり





癩病は此の世かぎりと笑ひつつ友ら語るも饒舌ならず




足萎えの妻をのせたるリヤカーを吾れは曳きゆく桜見せむと




少人数の療園なれば改革に強き対立するを好まず





呉服屋は世辞よく品は並ぶれど癩者吾れらに手をふれさせず





新患者に早く故郷を忘れよと励ます吾は母を忘れず





病み古りし身の不自由を歎きつつ一途に吾れを頼り来る妻




息の今絶えしと思ふ瞬間にごくりと一つ咽喉が鳴りたり





離す事なかりし頭巾今は脱り君が死顔を肉親に見す



松浦扇風さんの略歴
明治37年生まれ。昭和14年身延深敬園入園。「樹海」「創作」所属。昭和49年没。『河鹿集』第二輯(昭和28年)『陸の中の島』(1956年)『河鹿集』第三集(昭和33年)『河鹿集』第四集(昭和38年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)
身延深敬園は多摩全生園とさせていただきました。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ