FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  赤沢正美さん



生きてゐるいまを自在に鳴く虫を鳴かせて闇の草原やさし





風ひとつなき秋空よ山肌の柿は色づきせかされてゐる




灯の下に妻が皮剥く富有柿の色つやめきて脳裏に溢るる




頒ち合へることの限界つきつけて答へず語らぬ柩に黙す




いくばくかの時差にすぎぬと菊匂ふ柩にいひて離れがたしも




火葬場に送り来し柩に背を向けて坂下る一歩一歩の無明





背丈ほど伸びて今年の葉を落とす庭の杏子の初冬の孤立





冬空の冴え杖先に冷え透る朝の舗道のいたく鋭し





夜明けには少し間のある静けさと思ひつつ夢の目覚めを眠る




視力なきわれにかかはりなき如く夕暮れ夜に移りてゆけり





若葉空へ華やぐ樹樹の真昼間も斧はひそかに研がれゐるなり





誌上にて二十数年その歌と名に親しみて来て遂に会ふ




満ち潮のひたひた重き夜の島の音なきときによろこびはくる





われのために悩みし姉に孫ありて電話のあとの夜をやすらげり




ひさびさの雨音に冬の夜の渇きとりとめもなく癒されてをり




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ