FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

鯛アラで水炊き鍋


IMG_7764.jpg IMG_7769.jpg IMG_7768.jpg 
IMG_7773.jpg IMG_7775.jpg IMG_7776.jpg 

土鍋に水を入れ、昆布、干しシイタケ、煮干しを入れ、5時間ほど置く。中火で点火し、スライスしたニンジンとキクイモを入れ、煮立ったら昆布は取り出し、湯通しした鯛アラを入れ、引き続き中火で10分ほど煮てネギを入れ、1分ほどしてシュンギクを入れ、30秒で火を止め、30秒ほど蒸らして出来上がり。ポン酢で食べる。

鍋の季節にはちょっと早いが、ネギとシュンギクを食べようと思った。

我が家の鍋は魚のアラを使った「海鮮鍋」がほとんど。

タマネギと冬瓜(トウガン)を入れる予定だったのに、入れ忘れた。

ハクサイとミズナが定番だが、収穫は初霜(11月23日前後)の頃。

キクイモはゴボウ代わり(ゴボウのレシピがそのまま使える)に使う。風味が似ている。

    


手作りポン酢
 
IMG_7778.jpg

醤油70cc、酢50cc、みりん30ccを入れ、ユズ果汁をしぼり、種を取り出して出来上がり。「7・5・3ポン酢」を参考にしている。

いつもは市販のレモン果汁25ccとだし汁25ccを入れるが、ユズが収穫期に入ったのでユズ果汁を使い、だし汁は最近作っていないので入れなかった。



エダマメ

IMG_7742.jpg IMG_7744.jpg IMG_7747.jpg

ニワトリとヤギの飼料用に3品種(白ダイズ、青大豆、黒豆)を蒔いているので、まだまだ食べれる。無肥料放任栽培だから実はあまり太っていない。




インゲンのニンニク醤油炒め
  
IMG_7748.jpg IMG_7750.jpg IMG_7755.jpg  

定番です。




干しキュウリのパリパリ漬け

IMG_7757.jpg IMG_7760.jpg

食べやすい大きさに切って瓶に入れ、入った量を見て、酢130cc、めんつゆ130ccを入れ、ニンニク1片をすりおろし、一昼夜ほど常温に置き、その後は冷蔵庫で保存する。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ