FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

玄米ご飯


IMG_7699.jpg
 IMG_7701.jpg IMG_7715.jpg
IMG_7717.jpg

3合の玄米を洗って無水鍋に入れ、4カップと25ccの水を入れ、5分ほどで煮立ったら(音でわかる)、極弱火で1時間、火を消して余熱30分で出来上がり。

玄米だから、サツマイモご飯や炊き込みご飯より30分長く炊いたが、水は同量にした。

考えてみたら、30分長く炊くという事は、水もその分だけ多く入れる必要があるが、うっかりしていた。ぱさぱさしていたが、焦げついてはいなかった。

玄米ご飯を炊く時はたいていダイズを入れるが、ダイズの収穫期は11月中下旬である。

無水鍋で玄米もダイズも炊けるので、圧力鍋は必需品でなくなった。我が家で圧力鍋を使うのは、玄米やダイズを炊く時だけだったから。





干しキュウリと干しシイタケ

IMG_7695.jpg IMG_7721.jpg

大きいキュウリだったので、中のズをとって使った。キュウリはあと半日干してパリパリ漬けにし、シイタケはあと2日干して、カラカラにしないと長期保存はできない。



ニンジンのグラッセ

IMG_7705.jpg IMG_7707.jpg IMG_7711.jpg
IMG_7719.jpg IMG_7741 - コピー

間引きニンジンは適当な大きさに切って鍋に入れ、ひたひたより少なめの水と蜂蜜を入れ、煮立ったら弱火にして15分煮て、汁気が多かったので少し捨て、バターを入れてさらに5分煮て汁気がなくなれば出来上がり。

「ニンジンのバター煮」とか「ニンジンのつや煮」より「ニンジンのグラッセ」といった方がおいしく感じる。「ハンバーグ・ステーキに人参のグラッセ」と「元ステーキ職人直伝!人参のグラッセ」を参考にした。

砂糖とバターの量は1対1より、1対3の方がいいような気がした。



シュンギクのサラダ    
   
IMG_7728.jpg IMG_7729.jpg IMG_7732 - コピー
IMG_7735 - コピー IMG_7738 - コピー   

昨日に続いて作った。シュンギクはざく切りしてボールに入れ、ドレッシング(醤油大さじ2、酢大さじ1、ゴマ油少々、ニンニク1片のすりおろし)をかけ、すりごまをふり、手でもむように和えて出来上がり。

シュンギクは湯通ししなくても、手でもむだけでかなり目減りする。
 


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ