FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

感傷的になった理由

0908170019.jpg 0908170004.jpg 0908170068.jpg

 胸部の「CT検査」というのを受けた。お盆に感傷的な気分になったのはこれが理由だった。胸部に異常はなかったが、この検査で呼吸器の病気はすぐに発見できるらしかった。

 もし何か異常が発見されていたら、瞬間に、世の中の風景が変わって見えただろう。そして事実を受け入れるのに困難を伴うだろう。運命を嘆き、身に降りかかった悲嘆や家族の悲嘆を思う時、どうしようもなく落ち込み、それでも決して神にすがったりするばかげたことはせず、やっとどうにか自分自身を取り戻し、事実と現実を受け入れて、残された時間で14日に書いたようなことをするだろう。

 CT検査はたった1分ほどで終わったのに18300円。ほんとうに医療費は高い。3割負担で13日と17日の2日間で9000円ほどかかった。

 CT検査を受ける前、ヤギは自分と運命共同体なのだと思った。自分の身体に何かあったら、ヤギも当地での生活を失う。家族は世話はできないし、人に頼んでも1~2日が限度である。

 
 
0908170073.jpg 

 ニワトリのことは何も思わなかった。ニワトリにはヤギのような「表情」がない。だから手間がかからないし、あまり負担にもならない。

 今日も4個産んでいた。30羽いた時とそれほど変わらない産卵数である。ということは、以前のニワトリに対して、餌の量が全く不足していたということになる。餌が足らなかったから、あまり卵を産まず、今も若々しくてよく産んでくれる。
 
 今回導入したヒヨコ(岡崎おうはん)は、4年でなく5年を目標にして飼うつもりである。

 

0908170058.jpg 0908170046.jpg 0908170030.jpg

 全部元気でぴんぴんしている。ニワトリはじめじめした湿気を嫌う。炎天の方がまだましだと思う。こっちは屋根がきちんとしているから問題はなかったが、7羽の方は屋根が一部しかないので、雨後の「前出し」を何度も繰り返した。放っておくと地面がなかなか乾かないから。コクシジウム等の病気も心配したが、やっと夏空になった。


 
 政治家の世襲と同じく、農家も2代目3代目は大いに恵まれている。
(1)農具もあるし田んぼもある。
(2)地域での人間関係も継続できる。
(3)子供の時から身近に見ているので、農業がどんなものか知っている。20年ほどのブランクがあっても簡単に農業に参入できる。
(4)親が健在であればノウハウも引き継げる。
(5)健在でなくても地域の誰に聞けばいいかすぐに判断できる。 

 農業のことをよく知っているから、次の世代が農業を継がない。逆に政治家は地盤、看板、かばんで、次の世代も甘い蜜を吸う。衆院選「世襲」候補予定者は自民114人、民主34人。

  
 なかなか断ち切れないのが家系。顔やカネや遺伝子まで引き継いでしまう。性格も生き方や社会的なことも。自分のように反動的になることもあるが、根のところが似ていて、ぞっとすることがある。祖父母の蒔いた種の因果応報が孫に出て、場合によっては命まで失うこともありうる。

 悪循環は10~20年ほどすぐに続いてしまい、好循環に切り替えることが難しい。
 
 今は「働く場所もない」というおかしな時代である。しかし、独立自営業で食べていくことは極めて難しいので、企業(収入の出所)への依存度をますます高めている。
 
 企業での上下関係は固定化する。そして経済という首根っこをつかまえられているので、江戸時代のような身分差別よりたちが悪い。それは絶対的貧困と相対的貧困の違いでもある。
 
 資本主義社会では絶対的貧困が生じる。歌人の公田耕一さんのような現実が誰にでも短期間に生じる危険性がある。
 
 それに対して江戸時代では、自給自足が可能だったので、生きていくための最低限のことは自分や家族だけで構築することができた。
 
 資本主義は自給自足主義を破壊しないと発展しないという事実のために、現代人は生きるための最低限の防波堤も外されてしまった。農業も同じである。
 
 農業や漁業は一見すると自給自足ができるように見える。自給自足の両輪はライフラインと食料の2つであるが、現在、水道、電気、ガスのほとんどは自給できなくなった。食料の元である「種」を自給するのも困難を極める。つまり、自給できずにすべて「カネ」を介在しないと成り立たなくなった。
 
 現在も未来も、高度資本主義社会を生き抜いていくことは、少数の人を除いて、生き死にをかけた闘いになるだろう。そして、「マインドコントロール」や「発狂」や「無意識の世界」、「集団主義」とも闘わなければならなくなる。
 
 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking


このページのトップへ

コメント

ハハ、「神にすがるのは馬鹿げたこと」ですか。
本当に大切な人の窮地には、お百度を踏んだりするのが人間。それしか、その人のためにしてあげることができないから。
それを「馬鹿げたこと」、なんて笑っていたら、「自分のピンチを心配してくれるのはヤギだけ」、なんてことになりますよ。
人間だからこそ、みんなヘタレなんですよ。だって死にたくないもの。でも本当に嫌なのは、「死の恐怖」と闘う時。その時、心を寄せる場所を持っています?

  • 2009/08/18(火) 08:22:08 |
  • URL |
  • しの #-
  • [編集]

タバコは お吸いにならなかったですよね?
受動喫煙されてるかもしれないですが。
おそらく 神にすがるというのを お金貢いだ
り 神社に通うことのつもりで書かれたのかな?
お祈りが 一番です。
お金かからないし、一番 神も妥当と思って
ると 思います。
CTスキャンとか 私も好きです。
目で見るのが 一番納得出来るし安心も。

うちの黄斑は 血便してたので コクシだと
思いますが 元気です。
乾燥した鶏舎なんですけどね。

  • 2009/08/18(火) 10:08:05 |
  • URL |
  • 長澤 #-
  • [編集]

神・・・痛ー!(+_+)

 恥ずかしながら、オイラ達無信心な羊には、神様の話をされる事が一番怖い~(-_-;ウーン
 いずれ、どこかの神様のご厄介に成りますから、お手柔らかに~m(_ _)m

  • 2009/08/19(水) 22:33:50 |
  • URL |
  • スロー人 #qbIq4rIg
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ