FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

昨日から水洗便所になった

0901220027.jpg  0901220021.jpg 0901220031.jpg  
  

 下水道につなぐ、トイレの改修が終わり、昨日の夕方から、我が家も水洗便所になった。快適になったという気持ちはあまり起きず、トイレを使うたびに、水代がばかにならないと思う。これでまた月間5~6千円の下水道代がライフラインに加わり、必要最低限の固定費がアップする。

 田んぼであった近所の人に、単独浄化槽は年間どれくらいの費用がかかっていたのですかと聞くと、
年1回の掃除・・・2万4千円
毎月1回の薬代・・・月に約2千円で、年間で2万4千円。
トイレに使う水代は4人で月に約千円、年間で1万2千円。
全部を合計すると、年間に6万円。

 つまり、水洗便所のランニングコストは単独浄化槽でも下水道でもあまり変わらないことになる。

 我が家の場合は、汲み取り式トイレから水洗便所になったわけだが、集落の3分の2ほどの家は、下水道がつながる以前から、単独浄化槽(トイレのみ)、もしくは合併浄化槽(トイレ、台所、風呂、洗濯水)にしていた。

 それでも下水道が集落にくると、単独、合併浄化槽とも下水道につなぐことが要求され、接続代が30万円ほどかかったらしい。

 下水道がきたばっかりに、接続代の30万円ほどと、1軒当たり負担金19万5千円を支払わされるのだから、すでに単独、合併浄化槽を設置していた家にとっては、腑に落ちない出費だったかも知れない。

 まだ下水道代の請求がきていないので、我が家で月間にどれくらいの下水道料金がかかるのかわからないが、少なくとも年間に6万円ほどは新たな出費を迫られるだろう。

 下水道は田舎の方が先にできて、当地でも駅周辺の住宅密集地ではまだ下水道ができていない。県の財政の逼迫でもう下水道どころではないと思う。下水道の施設は、当地域の333戸(1200人)で14億9千2百万の事業であり、1戸あたり450万ほどの工事費がかかっていることになる。

 下水道施設の工事費がこんなにかかるのだったら、個人で設置する合併浄化槽の方がはるかに安くつくのではなかろうか。

 加えて、下水道は集落内の貧富の差に関係なく接続を迫られる。個人のその時の財政事情など考慮されないし、選択の自由もない。

 住宅密集地よりも人家のまばらな地域から先に下水道ができるのも、おかしな話である。田舎で自給自足どころか、田舎の方が高負担になってしまう。農業をするために田舎へ行くなら、「下水道が来ることのない地域」を選択しないと、高いライフライン料金の支払いに追われだすと、農業どころではなくなる。

 トイレに使う水は、小便で6リットル、大便で8リットルと、確かそう聞いたが、こんなに水を無駄使いしていいのだろうか。家人も使うトイレはそのつど水を流さざるをえないが、自分だけが使用するトイレで小の場合、そのつどは流さなくなると思う。

 水洗便所は2つにした。4人家族なので1つでは足らない。母屋に1つと、離れの私室に1つ。離れの私室は自分しか使わない。母屋の便座は標準装備にしたが、私室のは最低ランクにした。

 地球温暖化で最も問題になるのは、
(1)水不足
(2)ゲリラ豪雨と日照り
 なのに、水洗便所は水の使い過ぎである。

 トイレ、台所、風呂、洗濯水を下水道で処理しても、田畑に大量に撒かれる農薬や化学肥料や除草剤は雨と共に川へ流れ込む。これらの問題を無視して、家庭排水だけを取り上げても問題の解決にならないと思う。

 我が家には集落内の12軒ほどで使っている「簡易水道(山水)」もある。水代はもちろん無料。門先にあり、13リットル容器に入れて毎日田んぼに持参する。ニワトリの飲み水と、自分の飲み水(ペットボトルの水筒)と、収穫後の野菜の「打ち水」にはこの簡易水道の水を使っている。

 簡易水道は「いざという時」、命の水になるだろう。

 「岡山市で地盤沈下30センチ。下水道管の損傷が原因か。路面・住宅に亀裂」という記事が今日の朝日新聞に載っていた。
 日本全国、津々浦々の地下に張り巡らされた「下水道菅」は、現在、耐用年数が経過して新たに「やりなおし」の時期がきているのに、財政にゆとりがなく、問題が生じるまで放任になっているらしい。この問題に関して、声高に問題視している識者もいる。

 下水道はすでに、抜本的見直しを迫られているシステムだと思う。
 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ