FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  北條民雄(七條晃司)さん


今日の朝日新聞に「ハンセン病作家 本名で顕彰」と大きく載っていた。

ハンセン病療養所に入った体験をもとにした小説「いのちの初夜」の作者、北條民雄(1914~1937年)の本名「七條晃司」が今月初めて公表された。親族への差別や偏見を避けるため、死後も80年近く、伏せられてきた。生誕100周年を機に、業績を故郷で語り継ごうと、出身地・徳島県阿南市の市文化協会が発売した冊子に記された。

北條は軍人の父が赴任した現在の韓国ソウルで生まれ、母の故郷、阿南市下大野町で育った。10代後半には仲間と雑誌を発行し、小説を書いていたが、18歳でハンセン病と診断された。

東京の全生病院(現・多摩全生園)に入院後、川端康成に師事し、本格的に執筆活動を始めた。当時、ハンセン病は遺伝病や不治の病と誤解され、差別が家族にも及んだため、本名を伏せ、筆名を使った。川端の後押しで36年に発表した「いのちの初夜」で注目され、翌年、腸結核のため23歳で亡くなった。
 
ハンセン病の元患者にとって実名を取り戻すことは本人と共に家族や親族の名誉回復につながり、意義がある。地元が主体となって公表の動きが生れたのは、遺族の心を癒やす一歩となる。ただ、作家北條民雄にして公表が没後77年もかかった事実は重い。なぜこんなに時間が必要だったのか、かつて患者を隔離に追い込んだ地域社会は、当事者意識をもって考えてほしい。(国立ハンセン病資料館・黒尾和久学芸課長の話)
(以上 朝日新聞8月9日一部抜粋)


まだ読んでいないが、ハンセン病文学全集4(記録・随筆)にも、北條民雄さんの「重病室日誌」「続重病室日誌」「癩院記録」「続癩院記録」「発病」「猫料理」「「柊の垣のうちから」、他に日記が載っている。

「いのちの初夜」はハンセン病文学全集1・2・3(小説)に載っているのだろう。

23歳の若さで亡くなっているのに、残した「文学」は厖大である。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ