FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

コメント返し

名前:しの
********************
「器用貧乏」などと世の人は言いますが、あれは間違いです。
正解は、「貧乏器用」。
こうでなければ生きていけません。(笑)

 衝撃のコメントでした。

 「貧乏でも器用なら何とか生きていける・・・。」こういう現実を時々目にするからです。それは都会から山村へ入植した人たち。

 こういう人たちの共通点は「たいていのことは人に頼まず自分でしている」。たとえば、
(1)小さな鳥小屋なら自分で立てている。
(2)簡単な家の修理ができる。
(3)山の湧き水をうまく引いている。
(4)薪割りができる・・・風呂焚きに利用
(5)農業には百種類の仕事があるから「百姓」と言われるが、器用さを要求されることが多い。例えばヒモ結び。農業ではよく使う。

 食料が逼迫してもサバイバルに生き残るのはこんな人たちだと思う。自分くらいの年令では、低年齢の頃(昭和30年代)はまだ社会全体が貧しかったので、遊ぶ道具までこしらえた時代であり、器用な人が多い。
 
 ボクが例外なのかも知れない。中学校の「技術家庭」という時間が苦手だった。援農してもらっているUさんに「鉛筆は自分で削っていたん」と聞かれた。

 小学校の時、川釣りをしていたが、テグスと針がどうしても結べなかった。中学以後、釣りはしたことがない。

 工業高校の機械科では、旋盤や溶接の提出物は友人がしてくれた。

 

0908120049.jpg 0908120033.jpg 

 5月12日に導入したので、今日でちょうど3ヶ月目。ハトほどの大きさになっている。

 今日は中間点。つまり、3ヵ月後の11月12日には「初産」を迎えるはずである。それにしては現在のサイズが小さい。ここまでの成長はゆっくりだが、今後は成長スピードが加速するだろう。

 今までは市販の飼料は全くやらなかったが、精米くずや麦が残りわずかとなり、糠漬けだけでは足らないので、出荷の帰りにコメリで餌を買った。
穀類        (59%)トウモロコシ、マイロ
植物性油かす類(28%)大豆油かす、なたね油かす
動物性飼料   (1%)魚粉
 等が入った配合飼料である。飼料の原料はほとんど輸入品であるが、これらの飼料も少しは与えていかないと、今後の成長が遅れる。

 いつも思うことだが、ニワトリの餌にはなぜ「賞味期限」が書かれていないのだろうか。


0908120022.jpg 0908120012.jpg 

 夕方には10分ほど、鎖をつけたまま放している。鎖をつけていれば、すぐに捕まえれる。
 
 この時間はヤギが最も喜ぶ時間である。2頭は連れ立って行動する。オスの「さかり行動」も目につくが、メスが受け入れ体勢になっていないので、まだ大丈夫。

 オスの去勢手術(いろんな方法があり、パイプカット)は終わっているが、獣医さんが言われるようには、睾丸が小さくならない。
 
 9月下旬頃から発情期が始まるので、その時に「異様な臭い」がしなければ、オスの機能は失っているはず。
 
 発情期のオスは長く「異臭がする」ということを、ヤギを飼い始めるまで知らなかった。



アマゾンの本

 
 先日書いた「アマゾンで本購入」に関して、図書館や公民館で借りれば無料というメールを頂いた。

 公民館で注文すると、本によっては1ヶ月以上かかる場合があり、借りに行ってまた返しに行くという時間が意外とかかると思ったが、今回アマゾンで本を注文してみて、やっぱり高く感じた。公民館で1冊ずつ借りる方法にしようとあらためて思った。
 
 新聞3紙購読はブログネタのためだった。

 ヤギ導入もブログネタのためだった。

 ミツバチもブログネタのためだった。

 本(購入もしくは借りる)もブログネタのためだった。

 ブログはいつも自分を前向きにしてくれる。

 
 「ヤギの平均寿命は15年」を思うと、時々ぞっとする。しかし、ブログのグラビアを飾ってくれるのはヤギ以外にない。ブログが続く限りヤギも挫折しないで飼える。

 
 農業ライターになるのは難しい。5年、10年と続けて、可能性は半々だと思っている。ライターは無理でも「ブログ」が残せる。
 農協に批判的な記事が多いから「家の光」や「農業新聞」からのアプローチは考えられないし・・・
 慣行農法にも、有機農業にも批判的でどっちつかずだし・・・

 
 ブログを書いて「放電」するのと同じくらいの時間を、本を読んで「充電」する時間にあてないと、早晩、心も言葉も干からびる。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

 

 


   
   
  
 
 

 

このページのトップへ

コメント

薪割りでは 私は人差し指の先を傷つけた事
があり、落ち込んでた時でもあり、びびりましたが、すぐ、縫いに行ったせいか、きれいに
治ってます。複雑な形状の木は要注意です。
工業高校で学ばれたのですか。さすが、硬骨漢であられる訳ですね。
農協で売ってる3ヶ月雛は全く信じられない
くらい大きいです、成鶏と変わらないです。
うちも 魚粉いっぱいやってみた事ありますが
あんなには なりませんでした。
魚粉には エトキシキンの表示があります。
防腐剤です。魚粉も全然変質しないです。
こだわる人は卸し市場で煮干カスを買われます。うちは赤坂ストアーで小袋が出た時
買ってます。
県立図書館はわりにすぐ注文に答えてくれます。返すのは地元の図書館でOKに最近なりました。前は地元の図書館から県立に取り寄せしてもらった時と 直接県立に借りた時と
扱いが違ったりして、ややこしかったけど、
かなり簡単になりました。
県立の蔵書量はやっぱりすごいです。
近刊本に力入れてるし。

  • 2009/08/13(木) 08:53:10 |
  • URL |
  • 長澤 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ