FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

干しキュウリのパリパリ漬け


甘いハーブティ


IMG_4162.jpg IMG_4167.jpg 

左からセイジ、ステビア、アップルミントで、沸騰したら火を止めて入れ、3分蒸らして全て取り出し、ステビアだけ戻して30分ほど浸すと出来上がり。

麦茶代りで、夕飯時にも飲んでいる。




ゆで卵

IMG_4181.jpg IMG_4201.jpg

卵を食べるのは1日1個にしている。



だし汁作り

IMG_4179.jpg IMG_4185.jpg

昆布、干しシイタケ、イリコを5時間ほど浸して中火で点火し、煮立ったら弱火にして昆布は取り出し、削り節を入れ5分ほど煮て、だしは全て取り出し、再沸騰させアクを取って出来上がり。




出し殻でふりかけ

IMG_4194.jpg IMG_4196.jpg IMG_4199.jpg

出し殻は水気をしぼってみじん切りし、熱したフライパンで乾煎りし、砂糖と醤油で味付けして出来上がり。





エゴマの葉の醤油漬け

IMG_4170.jpg IMG_4173.jpg IMG_4191.jpg 

醤油90㏄、ごま油小さじ1、みりん大さじ2、豆板醤大さじ1、ニンニク1片のすりおろし、一味唐辛子を入れたつけ汁を作り、エゴマの葉を1枚1枚浸して容器に重ねて入れる。昼作れば夜には食べれる。

簡単☆ご飯によく合うエゴマの葉の醤油漬け」を参考にしている。 




 シカクマメを使った2品 
   
IMG_4183.jpg IMG_4203.jpg IMG_4217.jpg 
IMG_4206.jpg IMG_4208.jpg IMG_4215.jpg 

シカクマメは両端のヘタを取り、沸騰した湯で1分茹でて冷水にとり、水気をよくしぼり、半分に切り、マヨネーズをかけて食べる。

残り半分はざく切り(細く切ると手裏剣のようできれいである)して、熱したフライパンに油をひいて炒め、塩、胡椒、醤油(ニンニク醤油)で味付けして出来上がり。






干しキュウリのパリパリ漬け

IMG_4176.jpg IMG_4210.jpg IMG_4220.jpg 

6時間ほど天日で干すと、キュウリはパリパリした食感に変る。だからパリパリ漬け。

大キュウリ3本は3等分して縦に4~6等分(干しやすい大きさ)し、よく晴れた日に6時間ほど干し、食べやすい大きさに切り瓶に入れる。漬け汁(酢半カップ、醤油半カップ、だし汁1カップ、ニンニク1片のすりおろし)を注いで出来上がり。漬けてすぐ食べれる。箸が進む一品。  


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ