FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

独り言

0908030039.jpg 0908030015.jpg 

今、農業ができている自分に十二分に満足しているし、この仕事に誇りとプライドを持っている。

里山を維持するためにも、一人でも多くの人が農業に参入し、農的生活ができるようになればいいと思うが、現実は、田舎に住んでいても、農的生活はできないのが現実である。 

現在では、農業ができるできないは、都会に住んでいるか、田舎に住んでいるかの区別ではなく、経済力があるかないかに左右される。

ずっと農業がして来れたのは、家人に定職があったからである。

もっと収入が上がるように農業形態の変更をいろいろ模索したが、結局、変更することができなかった。

20年ほどやってきて、農業で食べていくのは大変だと思う。

政権が変わっても、有畜、小農、複合、自給型の農業者には、何の援助(補助)も期待はできない。

もちろん、農協など何の役にも立たない。


あっという間の20年だった。

田舎の20~30羽養鶏や、使役を兼ねた牛の1頭飼いが、たった50年ほどの間に廃れてしまい、10万~100万羽単位のケージ養鶏や、牛の多頭飼いに移ってしまったように、今後の農業は、
(1)企業農業
(2)集落営農(補助金の受け皿)
(3)大規模認定農家
等に集約されていくのだろう。そして、こういう農業に莫大な補助金を投入し始めている。

農業の二極化がますます進む。

一人でするから農業は楽しい
雇用農業など会社勤務と同じである
一人または家族農業でないと、環境も里山も守れない
組織農業や大規模農業は人間疎外型農業である

つまり、国が推し進めようとしている農業は、いわゆる20世紀型農業であり、時代に逆行している。

ボクが農業を選択した時代はまだよかったが、今は農業を取り巻く状況がますます悪化している。害獣の進出や気候の問題が大きい。

定年帰農型農業しか、農業への新規参入が困難になっている。

心を解放してくれるのは大地しかないのに、現役世代は、土に触れることさえできなくなっている。

どうやったら自分らしい生き方ができるのか。

田舎で農業をしながら、多くを持たず、多くを期待せず、小さな生活圏で、自然を相手に謙虚に生きる。こんなつつましい生活さえ、一人だと150万円、家族だと250万円ほどの生活費がかかるだろう。いったい、どうやって稼いだらいいのか。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

コメント

ロシアが 崩壊した時 家庭菜園が一般化
していたので 意外と 皆飢え死にしなかった
というのは こちらで 読ませて頂いたんでし
たっけね?共産国で全員公務員だから失業で
皆 大変のはずが。
キューバなんかもロシアの援助が切れて
自給自足に目覚めて ついでに有機農業にも
目覚めて。
 

  • 2009/08/04(火) 15:47:08 |
  • URL |
  • 長澤 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ