FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

日々、綱渡りのような農業と生活

0908020015.jpg 0908020032.jpg

 政府の一般会計予算
毎年度の支出(歳出)・・・80兆円
毎年度の収入(税収)・・・50兆円
というのが平時の姿である。差額の30兆円は赤字で、新たな借金でまかなわねばならない。

この不健全な状態が続いてきたため、積み上がった国と地方の借金は800兆円。財政状態は主要国で最悪だ。早期に立て直さなければ、将来世代に重い国民負担がのしかかる。

80兆円と50兆円の構造問題を解く筋道を描くことが前提だ。

仮に支出(歳出)の無駄を10兆円削って70兆円まで圧縮しても、均衡させるには20兆円の税収増が必要だ。これは消費税7~8%分にあたる。
(以上、朝日新聞社説・7月31日)


08年度末時点で、国民一人当たり663万円の借金を抱えている計算になる。4人家族だと2652万円の借金。

我が家も4人家族だが、そんな借金があったら一家心中、というより、そんなカネは貸してもらえない。

なのに国は平気。

いくらでも「国債」という借金を連発する。


この国に生まれてくる子供がかわいそう。

全国一律に均質化され、多様性のない社会。

くそおもしろくもない学校の授業。

いったんレール(企業組織の正社員)から外れると、経済的に極めて困窮する。

大学3年時から就活→新卒入社→40年ほど勤務→定年退職・・・そんなレールにさばりついていないと生きていけない劣悪な国家。

でも、どうすることもできない。


言い事は米櫃(とびつ)から。

カネの切れ目が縁の切れ目。

家族でも財布はもちろん別。

自分の食い扶持くらい自分で稼げ・・・自分に言う

あんた、いつ死んでも悔いはなかろう、好き勝手なことばかりしとんじゃから・・・家人の言葉

金儲けと死に病(やまい)は、えらい。

農業という自由と引き換えに失った経済力。

今は自分のことだけを考えておればいいお気軽な身であるが、たった100万円ほど稼ぐのも農業ではなんと厳しい。

自業自得・・・ 自己責任・・・

しかし、農業のランニングコスト及び生活のランニングコストは少ない。だからやっていけている。

65才になれば、84万円ほどの年金がもらえるはずだから、それまで何とか農業収入で食いつないでいこう。今年を入れて後9年。 

その間、病気をしないことが前提。この前提が崩れると、全てが瓦解する。

農業収入も、今以上に害獣が出てこないことが前提。害獣防御は自分の苦手な農作業の一つだから。

顧客はイタリア料理店が主体であり、取引はさほど安定していない。

今より減れば、また電話営業をして「一本釣り」する必要がある。

電話営業は「数打ちゃあたる」。ただ継続した顧客になってくれるかどうかはわからない。

そんなこんなで厳しい日々である。まるで綱渡りのような農業・生活をしている。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking 




 
このページのトップへ

コメント

私は ソローなのだ、と 開きなおりましょう。
ソローより 農業には 力入れてるし
書くほうも 頑張ってるし ソローみたいに
昼から 村へ 遊びに行ったりしてないし。
うちは 朝日とってないので 朝日の記事
時々 入れてもらえると助かります。

  • 2009/08/03(月) 20:25:40 |
  • URL |
  • 長澤 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ