FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

けんちん汁→ のっぺい汁


20140228_002.jpg 20140228_005.jpg 20140228_009.jpg
20140228_030.jpg 

「けんちん汁」に片栗粉でとろみをつけたら「のっぺい汁」。

けんちん汁ではものたりなく感じるが、とろみをつけるだけで、腹応えが随分と違ってくる。

サトイモとキクイモは厚めの輪切りにし、ダイコンとニンジンは太めの短冊切りにし、水、出し汁、昨日の水炊き鍋の汁も入れてひたひたにし、シイタケも入れ、煮立ったら弱火にして野菜が軟らかくなるまで煮て、塩、醬油で味付けし、生姜1片をすりおろし、最後に片栗粉(大さじ3の粉と水)でとろみをつけると出来上がり。

レシピでは豚肉を入れるようになっていたが、入れずに作った。



ナバナと豆腐のナムル風 

20140228_015.jpg 20140228_018.jpg 20140228_027.jpg 

ナバナは沸騰した湯で1分ほど茹でて冷水にとり、水気をしぼりながらボールに入れる。豆腐半丁は沸騰した湯を弱火にして2~3分茹でて水切りし、つぶしながらボールに入れ、タレ(醤油大さじ1、酢大さじ1、ごま油大さじ半分、トウガラシ1本の小口切り)で和えると出来上がり。



鍋の残りにソーメンを追加

20140228_011.jpg 20140228_021.jpg 20140228_023.jpg  

昨日の鯛アラの水炊き鍋に、茹でて冷水にとったソーメン2束と醬油を少し足して「にゅーめん」にした。

2030年 農業の旅→
ranking 
      
   




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ