FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

タマネギのスープ煮


20140226_003.jpg
 20140226_005.jpg 20140226_008.jpg

玄米3合は洗って無水鍋に入れ、4カップ半の水を入れて一晩浸す。アズキも一晩水に浸す。

アズキの一部を玄米の上に置き、煮立ったら弱火にして40分、火を消して余熱30分で玄米アズキご飯の出来上がり。



ぜんざい

  
20140226_010.jpg 20140226_034.jpg 

残りのアズキ100gほどは戻し水ごと圧力鍋に入れ、おもりが回り始めたら弱火にして15分、火を消してそのまま放置する。

圧が抜けたら蓋を開けて砂糖80g(3回に分けて入れる)、蜂蜜大さじ1、塩小さじ1を入れ、10分ほど煮ると出来上がり。いつもの「圧力鍋で超簡単!ぜんざい」を参考にした。



マカロニサラダ


20140226_013.jpg 20140226_023.jpg 20140226_024.jpg
20140226_027.jpg 20140226_030.jpg 20140226_039.jpg

具材のニンジン、キクイモはサイコロ切りし、水から茹でて、煮立ったら弱火にして柔らかくなるまで煮る(煮過ぎに注意))。その間にマカロニを沸騰した湯で8分間茹でる。

どちらもよく水切りしてボールに入れ、マヨネーズ、塩・胡椒、酢大さじ2、砂糖少々で味付けして混ぜると出来上がり。



タマネギのスープ煮+焼いた食パン

20140226_037.jpg 20140226_044.jpg

熱した鍋に油を入れ、細切りしたベーコン2枚を炒め、大きめにスライスしたタマネギ1個を入れて炒め、水を2カップほどとコンソメ1個、月桂樹2枚を入れ、煮立ったら弱火にして5分ほど煮て塩・胡椒で味付けする。

グラタン皿に焼いた食パン半切れを置き、上のスープを注ぎ、粉チーズをふると出来上がり。



サツマイモのユズ煮

20140226_011.jpg 20140226_016.jpg 20140226_021.jpg   

700gほどのムラサキ芋を乱切りして無水鍋に入れ、大さじ2の水、大さじ2の蜂蜜、大さじ2のユズ果汁を入れ、煮立ったら弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。



瀬戸内市 長島愛生園

昼から愛生園に行った。今日は川北さんと言われる方の講演だった。13歳の時からすでに67年間も愛生園で生活されているのに、いわゆる悲壮感は全く感じられない人だった。苦労が身につかないというか、本来が楽天的な性格なのかもしれない。

この方の講演は質問に答えるという方式が主体で、メモ書きしたが、どうもブログにまとめづらかった。

入所者自治会の図書室で、本を4冊借りた。その中の1冊「境 登志朗詩集」。

ひとつぶの涙
 

56年間の不安を背負ってふるさとに足を運んだ

両脇を姪に支えられて
両親が 兄が 眠る墓石に水を与えて 声をかけた
〈ご免な ハンセン病に罹ってしまって〉

国道1号線が東西に延びて
車の騒音が両耳に絶え間なく 
突っ走る旧道は
どの家も 戸締まりがしてあるのか
人の気配がない
この村で生まれたぼくの証は
もはや20世紀の
民話の世界にすぎないのか

昨秋のこと
島のハンセン病療養所の会館で
アマのジャズバンドの
生演奏会があった
広くはない会場内は
音響のはげしさに耳をふさぎたい思いであった
最後の曲目は
「ふるさと」

不覚にも
涙が頬を濡らした
(2005年 2月6日)

2030年 農業の旅→
ranking 

      
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ