FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

終活はひとまず終わった


20140220_014.jpg
 20140220_021.jpg 

急ぐ時はタジン鍋。5時をまわって取り掛かったのでこれしかなかった。

ナバナを下敷きに、ウインナー2個の小口切り、タマネギ1個のスライス、シイタケ、ベーコン2枚を置き、胡椒で味付けし、弱火で15分、火を消して余熱5分で出来上がり。

水なし(具材によっては大さじ2だけ入れる)で蒸し煮するタジン鍋は安定したおいしさがある。手作りポン酢で食べる。



カレーにリメイク

20140220_003.jpg 20140220_012.jpg 20140220_026.jpg 

残っていた福神漬けは、水を少し加え、ルーを1個入れてカレーにリメイクした。おいしいカレーではないが、食べれないことはなかった。




蒸しダイコンに甜麺醤

     
20140220_017.jpg 20140220_023.jpg 20140220_024.jpg 
20140220_032.jpg

買ってから一度も使わずに賞味期限が4ヶ月ほど過ぎていた「甜麺醤(テンメンジャン)」と「コチュジャン(韓国風唐辛子みそ)」を捨てようと思ったが、味ききしたら問題なかったので、ダイコンを無水鍋で蒸し、テンメンジャン(中華甘みそ)をつけて食べた。(中華甘みそ)と書いてあったので、合うと思ったがそうでもなかった。

豆板醤も買ってあるが、1~2回しか使ったことがない。購入した時の賞味期限はどれも1年以上先だったが。


不安だった胃の検査結果に異常はなかった。少し安心した。


終活はひとまず終わった

気になったので、出荷の帰り道、金光教の教会へ行った。「金光教が趣味」のようだった父に連れられて、50年ほど前までは何度もお参りした記憶があるが、その後の50年間で参った記憶は2回しかない。

少しお話してから、父の代には熱心な信者だったが、自分の代になってからほとんど参っていないが、家で葬式があった場合に、来て頂けますかと尋ねたら、それは問題ないとの返事だった。「皆さん、どれくらいお供えされるのでしょうか」と尋ねたら、額は問わないと言われ、「あ、そうだった」、金光教はそうだったと思い出した。それでも葬式の場合は最低でも10万円は必要だろうと思った。

一連の「終活」はこれでひとまず終わる。突然の葬式があっても、慌てふためくことはないだろう。葬儀は「集落の人と最後の別れ」という意味合いもあるが、義理や形式にこだわることなく、最後くらいは自分らしい送り方や送られ方をしたい。

確定ではないが、イオンのセットプラン「自宅葬(5名~15名程度)398000円」を選択し、先生にお願いした場合は498000円(自分は不必要とエンディングノートに書くし、妻にもそう言っている)で、他に親族に出すお膳が5千円×12名=6万円、親しい友人や知人に死亡通知、無宗教にした場合に音楽葬(派遣演奏料1日1名29800円)等を含めて、自分の葬儀なら50万円以内で収まるようにしたい。 

2030年 農業の旅→
ranking
 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ