FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ダイコンの味噌煮


20140215_002.jpg
 20140215_003.jpg 20140215_006.jpg
20140215_009.jpg 20140215_041.jpg

ダイコンは乱切りして鍋に入れ、水と出し汁を半々ほど入れて、ひたひたにし、煮立ったら弱火にして5分ほど煮て、湯通しした豚肉100gを入れ、味噌、みりん、砂糖で味付けし、醬油大さじ1を入れ、さらに5分煮て味ききし、ゴマ油数滴とユズ1個の皮をすりおろし、さらに5分煮て出来上がり。(野菜はともだち参照)

プロの味の豚汁のレシピも応用しながら作った。豚肉とダイコンは炒めずに、ダイコンを水から煮て、豚肉は最後の方で加えるようにした。ユズ風味の煮汁もおいしい。





ペペロンチーノ


20140215_019.jpg 20140215_017.jpg 20140215_021.jpg
20140215_023.jpg 20140215_025.jpg 20140215_030.jpg

ペペロンチーノはニンニクとトウガラシを主体としたパスタだが、それだけの具材では自信がないので、ウインナー2個の小口切り、タマネギ半個、ナバナも入れた。

沸騰した湯にひとつまみの塩とパスタ150gを入れ8分茹でる。その間にナバナを細かく切って湯通しする。熱したフライパンに大さじ1のオリーブ油を入れ、ニンニク3片とトウガラシ2個を炒め、ウインナーの小口切りを入れ、タマネギを入れて炒め、湯通ししたナバナを入れ、塩、胡椒、醬油で味付けし、茹であがったパスタをよく水切りして入れ、30秒ほど炒めて具材となじんだら出来上がり。皿にとってイタリアンパセリをふった。

小松菜とベーコンのペペロンチーノ」を参考にしたが、
パスタをおいしく作るのは、なかなか難しい。
 



福神漬け


20140215_012.jpg 20140215_014.jpg 20140215_033.jpg 
20140215_034.jpg   

干しシイタケは水で30分ほど戻し、ダイコン、ニンジン、キクイモは銀杏切りし、アクの多いヤーコンは切りながら水にさらす。

干しシイタケの戻し水に、醬油大さじ2、みりん大さじ2、出し汁大さじ4とトウガラシ1本の小口切りを入れて煮立たせ、野菜全部と小さく切ったシイタケを入れて1~2分煮て、具材は容器に移し、煮汁は少し煮詰めてから容器に注ぎ、一晩冷蔵庫で寝かすと出来上がり。「あっさり~薄味~大根カラフル福神漬け」を参考にしたが、うまくいったかどうか、明日になってみないとわからない。

2030年 農業の旅→
ranking   
      
      
   
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ