FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤーコンとサトイモのもちもち蒸し


20140214_002.jpg 20140214_008.jpg 20140214_049.jpg 

一昨日のおでんは、ルー(グリコの二段熟カレー)を1個入れてカレーにリメイクした。


サツマイモのユズ煮

20140214_004.jpg 20140214_010.jpg20140214_015.jpg
20140214_017.jpg 

サツマイモ700gほどを乱切りして無水鍋に入れ、大さじ2の水、大さじ2の蜂蜜、ユズ1個の果汁と皮を入れ、弱火で20分、火を消して余熱5分で出来上がり。



ハクサイの酢の物

20140214_006.jpg 20140214_020.jpg 20140214_047.jpg 

ハクサイは4㎝に切って千切りし、軽く塩をして30分~1時間おいて固く水気をしぼってボールに入れ、チリメンジャコも入れ、酢大さじ1、ユズ果汁大さじ1、砂糖小さじ1を合わせ、ボールに入れて和えると出来上がり。(野菜はともだち参照)



ヤーコンとサトイモのもちもち蒸し


20140214_021.jpg 20140214_024.jpg 20140214_027.jpg  
20140214_028.jpg 20140214_031.jpg 20140214_034.jpg 

サトイモを「すりおろす」という感覚が新鮮だった。レシピは「レンコンとサトイモのもちもち蒸し」だが、レンコンはヤーコンで代用した。

サトイモ200g、ヤーコン100g、生姜1片をすりおろし、塩少々と片栗粉大さじ3を入れて混ぜ、タジン鍋と蒸し器でそれぞれ10分ほど蒸し、あん(出し汁大さじ8、醬油大さじ2、みりん大さじ2を煮立たせ、片栗粉大さじ2を入れてとろみをつける)をかけて出来上がり。蒸し器の方はあんの中に入れた。


20140214_040.jpg  

味はまずまずだった。

 

おろし餅 
   
20140214_043.jpg 20140214_046.jpg 

冷凍していた餅を解凍し、茹でてやわらかくし、ダイコンおろし、醬油大さじ2、ポン酢大さじ1、ユズ果汁大さじ1を混ぜた中に入れて食べる。「農家のレシピ おろし餅」を参考にした。

前回はネギ餅だったが、餅はやはり味噌汁に入れるのがおいしい。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ