FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ブリ大根


20140207_013.jpg 20140207_009.jpg 20140207_015.jpg
20140207_042.jpg 20140207_045.jpg

ダイコンは適当な大きさに切って、ひたひたに水を入れ、煮立ったら弱火にして5分ほど煮てから、湯をお椀一杯ほど捨て、いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、湯通ししたブリアラを置き、生姜1片をすりおろし、落し蓋をし、中火で10分ほど煮て出来上がり。「ブリ大根」を参考にした。
昼作って夕飯で温め直すとおいしい。明日食べるともっとおいしい。



サツマイモのユズ煮

20140207_007.jpg 20140207_018.jpg 20140207_019.jpg  
20140207_021.jpg 

おやつの定番になりつつある。700gほどのサツマイモを乱切りして無水鍋に入れ、大さじ2の水、大さじ2の蜂蜜、ユズ1個の果汁と皮を入れ、煮立ったら弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。




豆腐ハンバーグ
  
20140207_027.jpg 20140207_024.jpg 20140207_032.jpg
20140207_034.jpg 20140207_036.jpg 20140207_037.jpg 

豆腐の水切りは、湯が沸騰したら弱火にして豆腐を割リ入れ、5分ほど茹でてザルに上げる方法をとった。熱したフライパンに油をひきニンジン、タマネギ、ウインナー2個のみじん切りを炒め、塩・胡椒と醤油で味付けする。冷めたらボールに入れ、溶き卵1個とミソとマヨネーズを大さじ半分ずつ入れ、塩・胡椒をし、パン粉を1カップ入れてよく混ぜ、丸く成形して弱火で7分、裏返して5分焼いて出来上がり。タレ(ケチャップ大さじ4、ソース大さじ2、酒大さじ3、みりん小さじ2)をフライパンで煮詰めてハンバーグにかける。
ヘルシーなんです!肉なし豆腐ハンバーグ」を参考にした。

2030年 農業の旅→
ranking 
   



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ