FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤーコンを使った2品


ヤーコンの甘酢漬け

20140204_001.jpg 20140204_003.jpg 20140204_005.jpg   
20140204_010.jpg

ヤーコンはレンコンのレシピがそのまま使える。まず甘酢漬けのタレ300cc(出し汁180cc、酢120cc、砂糖50g)に、生姜のすりおろし、トウガラシ1本、ニンニク醬油小さじ1を入れ、火にかけて砂糖を溶かし、冷ます。

ヤーコンは適当な大きさに切り、沸騰した湯で1分半ほど茹でて冷水にとり、瓶に入れる。タレを注いで出来上がり。


   

ヤーコン団子


20140204_012.jpg 20140204_015.jpg20140204_017.jpg
20140204_020.jpg

ヤーコンはすりおろして、水分は少し除き(ダイコンの倍ほどの水分が出て、とても甘い)、片栗粉を入れて水分調整し、すりゴマ、ネギのみじん切り、カツオブシを入れて混ぜ、蓋をして弱火で7分、裏返して5分焼いて出来上がり。

冷めても全く固くならず、ポン酢で食べるとおいしい。なお、水分はそのままジュース代わりに飲む。

ヤーコンは生食やサラダによく合い、ダイズ等と煮込んでも全く煮崩れしない。



ヤマイモのお焼き

20140204_034.jpg 20140204_036.jpg 20140204_042.jpg
20140204_044.jpg

ヤマイモをすりおろし、溶き卵1個と塩少々を入れて混ぜ、蓋をして弱火で7分、裏返して5分焼いて出来上がり。惣菜にせず、蜂蜜をつけておやつにした。


20140204_048.jpg

残りのヤマイモはスライスし、海苔をふり、醬油で食べた。



出し汁作り


20140204_029.jpg 20140204_030.jpg  

昼から出し昆布、煮干し、干しシイタケを入れて5時間ほど水に浸し、中火で点火し、煮立ったら昆布は取り出し、弱火にして削り節を入れて5分ほど煮出し、出し殻全部を取り出し、再沸騰させ、アクを取ると出来上がり。



7・5・3ポン作り


20140204_026.jpg 

醬油70cc、酢50cc、ミリン30cc、出し汁25cc、レモン果汁25ccを入れて混ぜると出来上がり。



卵豆腐

20140204_039.jpg 20140204_049.jpg 

ボールに出し汁1カップと塩少々を入れ、溶き卵2個を入れて混ぜ、容器に入れ、鍋に容器の半分ほどの高さに水を入れ、煮立ったら弱火にして3分、火を消して余熱3分で出来上がり。

2030年 農業の旅→
ranking 
  



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ