FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

今日の農作業

0906230074.jpg 0906230062.jpg 0906230045.jpg
 
0906230052.jpg  0906230049.jpg

 日曜日の夜と月曜日の夜に雨が降り、野菜が急に勢いづいた。左上からイタリアンパセリ、ナスビ、エンサイ、ツルムラサキ、オクラ。
 ツルムラサキとオクラも後2週間ほどで出荷できそうである。

 

0906230042.jpg 

 サツマイモの畝間の草が伸びてきた。ツルがあまり伸びないうちに草を抜き、落ち葉か籾殻を草押さえにする。もしくは使い古しの黒マルチを草押さえに使う。


0906230034.jpg

 どんな害獣かわからないが、敷き藁の下のミミズでも狙っているのか、しばしば掘り返して困る。
 害獣は捕まえるまで悪さをする。
 捕まえれなければ増え続ける。
 サツマイモや育苗の温床を何度も荒らされたり、地這キュウリの敷き藁を繰り返し掘り返している。早めに、何とかしなくては。

 
0906230028.jpg 

 土が適度に湿っていたので、液肥が「あたる」ことはないだろうと、ナンキン、キュウリ、スイカ、トウガン等のウリ科野菜に追肥を施した。

 
 
 0906230001.jpg0906230011.jpg0906230020.jpg

 出荷のない日は、朝起きて田んぼに行き、まずヤギを小屋から出し、それからヒヨコと成鶏にエサを与える。
 昼に帰る前に、ヤギを日陰に移す。昼食後2時間ほど昼寝をする。3時半頃から田んぼに出て7時半頃までの4時間が午後の農作業である。

 最近ちょっと過労気味。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking 
 

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ