FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

簡単 ポテトグラタン

 
20131022_018.jpg  

5月21日に姫路からヒヨコを送ってもらい、ちょうど5か月が過ぎた。あと1ヶ月の内に卵を産み始めるだろう。メス20羽、オス1羽で、野菜の残渣処理にはこれくらいの羽数がちょうどいい。長く32羽を飼ってきたが、今回の導入から21羽にした。

餌はコメリで買う購入飼料と米屋さんで買う米ヌカを半分半分で与え、青菜は、現在はエダマメ、春ジャガイモのクズ、サツマイモクズ、キクイモクズ、エンサイを与えている。



20131022_007.jpg 

ヤギは1頭になった。自分とラムちゃんの元気のために、もう1頭入れようか、入れまいか迷っている。人とヤギの平均寿命(14年)から考え、62才くらいまでなら、何とか1頭導入できるのでは・・・・。ヤギの出産はたいてい春なので、入れるとしたら5~6月頃。
半年間ほど試行錯誤をしてみる。





20131022_001.jpg

まだちょっと早いが、ユズを初収獲した。ユズはダイコンに合わせるように収穫期を迎える。それだけダイコンとの相性がいい。自分の場合の利用法は、
(1)ユズ味噌 (2)7・5・3ポン酢 (3)大根のユズ漬け (4)ユズ茶 (5)ユズジャム (6)ユズしぼり寿司



ポテトグラタン
 
20131022_022.jpg 20131022_024.jpg 20131022_026.jpg 
  
久しぶりにグラタンを作った。冬には時々作っていたが、暖かくなってからはあまり作っていない。「簡単☆ポテトグラタン」を参考にするとまず失敗しない。

ジャガイモ3個は薄切りしてひたひたの水で茹でる。オクラとピーマンも茹でる。フライパンでホワイトソースを作るが、バターでベーコン2枚とタマネギを炒め、タマネギがしんなりしたら火を止めて小麦粉大さじ2を入れて30秒ほど混ぜ、牛乳を250cc入れて中火でとろみがつくまで煮て、コンソメ1個と胡椒で味付けしてホワイトソースの出来上がり。


20131022_029.jpg 20131022_030.jpg 20131022_033.jpg
20131022_050.jpg

グラタン皿に茹でたジャガイモ、オクラ、ピーマンを入れ、ホワイトソースを入れ、ピザ用チーズをのせ、オーブントースターで10分焼いて出来上がり。
 
    
 


タイのアラ炊き

20131022_039.jpg 20131022_040.jpg 20131022_043.jpg
20131022_045.jpg 20131022_059.jpg  

実は美味しい~サワラのアラ煮」と「タイのアラ炊き」のレシピを知ってから、アラがおいしく食べれるようになった。

タイのアラは80度の湯で15秒湯通ししておく。鍋に5ミリほどにスライスしたキクイモ(ゴボウ)を置き、その上にアラを置き、すき間にネギを置き、いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、出し汁を1カップ入れ、沸騰したら水加減を調整し、落し蓋をして、中火で10分炊いて出来上がり。

アラはもちろんのこと、魚と一緒に炊いたキクイモやネギがおいしい。アラ炊きには上の2つのレシピがとても参考になる。



インゲンのゴマ和え

   
20131022_048.jpg 20131022_053.jpg 20131022_057.jpg

インゲンは半分に切り、沸騰した湯で4分ほど茹でて軟らかくなったらザルに上げる。

ボールに醬油、砂糖、インゲン、すりゴマを入れて和えると出来上がり。

2030年 農業の旅→
ranking 




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ