FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

男の料理とは人生の最終ステージを強く生き抜く術


20131018_002.jpg 20131018_005.jpg 

煮干し、昆布、干ししいたけは前夜から水に浸しておく。中火で点火し、沸騰したら昆布は取り出し、削り節を入れ、弱火で5分ほど煮出して出来上がり。出し殻を全て取りだして再沸騰させ、アク(泡)をとる。



サンマ

20131018_008.jpg 20131018_011.jpg

いつものスーパーでサンマを買った。前回、生きがよくなかったので迷ったが、他にいい魚やアラもなかった。焼いている時に、今日のは前回より生きがいいと思ったが、食べたらやっぱりそうだった。

我が家ではいつも醬油をかけて食べる。



サトイモの煮物


20131018_014.jpg 20131018_016.jpg 20131018_018.jpg 
20131018_037.jpg  

サトイモは皮をむいて乱切りし、いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、出し汁を入れ、出し殻のシイタケを入れ、削り節を入れて、沸騰したら(この時、水加減を調整する)弱火にして15分煮て出来上がり。



ゴーヤの佃煮
  
 
20131018_019.jpg 20131018_021.jpg 20131018_024.jpg 

ゴーヤは薄切りして塩もみをし、10分ほどおいて、沸騰した湯で20秒茹でて冷水に取り、水気をよくしぼる。鍋に醬油40cc、酢30cc、蜂蜜大さじ2を入れ、煮立ったらゴーヤを入れて中火で水分が少なくなるまで5分ほど煮て、カツオブシと炒りゴマを入れて混ぜると出来上がり。「ゴーヤの佃煮」を参考にしている。


20131018_043.jpg 20131018_046.jpg 

ゴーヤは容器に入れ、出し汁は瓶に入れて冷蔵庫で保存する。なお、出し殻の昆布は捨て、シイタケはサトイモの煮物に使い、残った煮干しと削り節(煮干しはサトイモの煮物に入れると少し臭うし、削り節は出し殻でなく新しいのを入れた)はニワトリに与えた。



ピーマンのおひたし


20131018_027.jpg 20131018_029.jpg 20131018_034.jpg
20131018_036.jpg 

(1)ピーマンは輪切りにして3分ほど茹でる。
(2)ボールに醬油と出し汁を半々に合わせ、生姜のすりおろしを入れ、風味付けにゴマ油少々を入れて混ぜ、ピーマンを入れて和えると出来上がり。(おいしく食べよう百野菜参照)


男の料理とは「人生の最終ステージを強く生き抜く術」だと思う。

野菜が常時15品目以上そろっているから、野菜を頭の中で反芻しながら、今日食べたい野菜で作る。

家畜がいて、スーパーの肉の陳列を見ても「生きている姿を想像するから」、肉を使う料理は少しにしている。逆に言えば、肉を使った料理はあまり覚える必要がないので、料理の範囲は限られてくる。だから学びやすい。

料理に関しても、「真似る力」は「独創力」より上位にあると思う。

3年、長くても4年で一応のレベルになる。それ以降はワンパターンの繰り返し料理になるだろう。つまり、3~4年で到達できたレベルが自分の料理のレベルであり、その後、いくら年月や時間を費やしても、3~4年で到達できたレベルからあまり進歩することはないだろう。農業もそうだった。農業歴3~4年の頃の農業から、24年目の今もほとんど進歩していない。 

一人になってから料理を学び始めるのはちょっと遅い。他に一人でも食べてくれる人がいる時に始めるのがいい。農業もスタートした3年間だけ父が元気で、教えてくれて手伝ってくれた。その1年後に亡くなったが、この3年間はとても貴重だった。

妻が奥様でなく外様だから、台所での自分の居場所が、意外と簡単に確保できた。それでも居場所を確保するのに1年余りかかったように思う。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ