FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

鯛のアラ煮


20131016_041.jpg 20131016_042.jpg

ネギはざく切り、キクイモはスライスし、鯛は80度の湯で15秒湯通しする。


20131016_045.jpg 20131016_046.jpg 20131016_048.jpg
20131016_051.jpg 20131016_060.jpg

鍋に出し汁を150cc入れ、醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、生姜を薄切りして入れ、沸騰したら弱火にして鯛のアラ2匹を入れ、余白にキクイモを入れ、落し蓋をして中火で5分ほど煮て、ネギを入れ、さらに5分ほど煮て出来上がり。

魚にネギは一般的だが、キクイモ(ゴボウ)も合う。「鯛のアラ炊き」を参考にした。この冬は、鯛、サワラ、ブリでアラ汁やアラ炊きをしたい。 

 

ジャガイモのチヂミ

20131016_021.jpg 20131016_026.jpg 20131016_027.jpg 
20131016_030.jpg 20131016_034.jpg 20131016_036.jpg 

先日作っておいしかったのでまたジャガイモのチヂミを作った。今日は、頂いたゴマを炒って使った。

もっちもち・ジャガイモのチヂミ」を参考に、ジャガイモをすりおろしてボールに入れ、ニラも小さく切って入れ、片栗粉大さじ2、塩少々を入れて混ぜ、フライパンにゴマ油を熱し、スプーンですくって落とし、両面を焼き、仕上げに炒りゴマをふって出来上がり。ポン酢で食べる。

 
     
ナスの一瞬漬け  

20131016_057.jpg  

ナスは縦半分に切って薄切りし、塩をふって強くもみ、水で洗い、水気をよくしぼって皿に入れ、カツオブシをふり、生姜をすりおろし、ポン酢で食べる。昨日の「おっさんひとり飯」に出ていたのを真似た。

生姜がおいしかった。料理に興味を持つまで、生姜がこんなに利用価値が高いと気付かなかった。




20131016_001.jpg 20131016_004.jpg

今日、ニンジンの最終間引きをした。例年より1週間も遅れて8月28日に蒔き、9月上旬に大雨による2度の冠水もあったが、その後、好天と高温に恵まれ、追いついてきた。まだ小さくても、11月から出荷をする。



20131016_007.jpg 20131016_016.jpg 

カブは害虫の被害が大きいが、これは例年通り。ダイコンとハクサイはまずまずの出来である。今年はダイコンサルハムシの被害が少なく、定植初期に畔ぎわのハクサイの畝間にコオロギ避けの粒剤を使っただけで、後は使っていない。

しかし、高温が続いていつの間にかダイコンサルハムシ以外の虫害が出た。9月末頃に1回は農薬散布をしておくべきだった。



20131016_009.jpg 

夏が過ぎるころからタマネギの劣化が始まる。少々の劣化はサービス品として出荷するが、ちょっと出せそうにないのは、画像のように半分地中に埋めておくと、タマネギから茎が出てくる。ネギの成育が芳しくなくても、これがあると大いに助かる。しかもネギより大分おいしい。捨てるものに価値あり。

2030年 農業の旅→
ranking 
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ