FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

キュウリの酢の物


20131012_020.jpg 20131012_030.jpg 20131012_033.jpg

キュウリの味が少し落ちた。キュウリのシーズンは間もなく終わるので、酢の物はこれが最後になるだろう。

何回も作ったので、キュウリの酢の物はマスターできた。キュウリ3本をスライサーで薄切りし、塩もみをして10分ほどおき、水で洗い流して水気をよくしぼりながらボールに入れる。カニかまぼこ2本をほぐし入れ、ミョウガの甘酢漬け3個を刻んで入れ、酢大さじ3、醬油大さじ1、蜂蜜大さじ1を合わせてボールに入れ、混ぜると出来上がり。



ナンキンの煮物


20131012_007.jpg
 20131012_012.jpg 20131012_015.jpg
20131012_018.jpg

形のかわったナンキンをもらったので、味が最もよくわかる煮物にしてみた。

乱切りして無水鍋に入れ、水大さじ2、醬油適量、蜂蜜大さじ1を入れて混ぜ、沸騰したら弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。ナンキンの甘味が乏しいように思った。



ピーマンのジャコ煮


20131012_021.jpg 20131012_024.jpg 20131012_025.jpg 
20131012_027.jpg   

定番です。味噌煮にしようかと思ったが、やっぱりジャコ煮にした。



エダマメの湯通し

20131012_002.jpg 20131012_003.jpg 20131012_005.jpg 

沸騰した湯で4~5分茹でると出来上がり。


10月はまだ冬野菜が成長途上で食べれないが、インゲンが生り始めた。レタスは後2週間すれば収獲できる。初めて作った生姜も、後1週間ほど待って(雨不足で5月の初期生育が極めて遅れたから)初掘りしたい。

2030年 農業の旅→
ranking

 

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ