FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

キクイモの煮物


20131007_001.jpg 20131007_053.jpg

ゴーヤとキュウリを午後から半日干した。ゴーヤは1センチの厚切りにして塩もみをし、沸騰した湯で20秒茹でて冷水にとり、水気をよくしぼってから干す。



ピーマンのジャコ煮


20131007_004.jpg 20131007_006.jpg 20131007_009.jpg 
20131007_011.jpg 

定番です。これだけのピーマンでもジャコ煮なら、あっという間になくなる。



キクイモの煮物


20131007_014.jpg 20131007_015.jpg 20131007_042.jpg
20131007_078.jpg 

昨日の出し殻は前回同様、キクイモと煮た。キクイモは皮をむかずに料理するので、ボールに水を入れて土をよく落とす。乱切りして鍋に入れ、ごま油で炒め、少し水を入れ、出し殻を刻んで入れ(昆布は捨てた)、いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、出し汁をひたひたに入れ、沸騰したら弱火にして12分ほど煮て出来上がり。

キクイモは口に入れるととろけるくらい柔らかいが、煮崩れはしない。多分、皮をむいていないからと思う。





焼きナスビ


20131007_029.jpg 20131007_035.jpg 

ナスビのある時期なら、「人生の最後の晩餐」でもリクエストしたい「焼きナスビ」。 

       

シカクマメを使った2品


20131007_018.jpg 20131007_021.jpg 20131007_024.jpg

1品は、ざく切りしてウインナー2個の小口切りと炒め、醬油大さじ2、胡椒、カレー粉で味付けして出来上がり。


20131007_036.jpg 20131007_039.jpg

もう1品は沸騰した湯で3分ほど茹でてザルに上げ、ポン酢で食べた。



ニンニクライス


20131007_067.jpg 20131007_066.jpg 20131007_069.jpg
20131007_071.jpg 20131007_073.jpg 

オリーブオイルとニンニクのみじん切りを少し多めに入れて炒め、タマネギ、ピーマン、ウインナー1個を入れ、火が通ったら弱火にして冷やご飯をいれてほぐし、ニンニク醬油大さじ2で味付けして出来上がり。ニンニクを入れなかったらチャーハン。



キンリョウヘンの移動

20131007_045.jpg 20131007_056.jpg 20131007_063.jpg    

10月になったので、キンリョウヘンを田んぼから家の軒下に移動した。10月中旬頃から株は成長休止期に入るので、雨、風にさらさない方がよい。水やりは3~4日に1回はたっぷり施す予定。
      


20131007_050.jpg  

秋の夕暮、コスモスがきれい。ここは家と田んぼの中間点あたり。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ