FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

タジン鍋


20131004_001.jpg
 20131004_004.jpg 20131004_009.jpg

まるごとニンニクとポテトのオイル煮風」というレシピが気に入っている。レシピではフライパンだが、タジン鍋で作ると、ジャガイモを裏返すようなことはせず、いったん点火したら蓋を絶対に開けない。

ただジャガイモはサツマイモ同様、他の野菜に比べて火の通りが遅い。だからいつもより2分長めの、弱火で17分、火を消して余熱5分にしたら、ばっちりだった。

ハーブはローズマリーは少なくして、代わりにセイジを入れたら、風味がローズマリーほど強くなかった。

タジン鍋の時は他の料理を作らない、というか、タジン鍋は忙しい日に作るので、他の料理をする時間がなかった。

レシピでは野菜はジャガイモだけだが、干し野菜のキュウリ、ピーマン、タマネギも少し入れた。生の野菜でもあまり変わらないと思う。

ジャガイモだけより他の野菜も入れた方がおいしい。

それにしても、オリーブ油で蒸すジャガイモとニンニクのおいしさは抜群である。大さじ3のオリーブ油を入れ、5ミリ以下に薄切り(これ以上厚みがあると火の通りが遅い)したジャガイモ(大)を3個使った。ニンニクは10片ほど入れた。
 
タジン鍋が残ることはない。2人で残さず食べるが、コメリのタジン鍋(980円)は1~2人用であり、3人では少し小さいように思う。

ニンニクは20個(1個は7~8片)ほど冷凍保存しているので、「まるごとニンニクとポテトのオイル煮風」は、今後も繰り返し作るだろう。

 

20131004_007.jpg   

タジン鍋はいつもポン酢で食べるが、無くなりかけていたので作った。7・5・3ポン酢を参考に、醬油70cc、酢50cc、みりん30cc、出し汁25cc、レモン果汁25cc=200ccを作る。

2030年 農業の旅→
ranking 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ